カテゴリ
おうち英語におススメ!
イチオシの「おうち英語」絵本や教材たち!!




リンク

英語拒否気味の子へプライベートレッスン

2018年12月11日(火)

カテゴリ:●親子プレイベートレッスン



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



最近は、なかなか時間が取れないため、新規は受け付けていないプライベートレッスン。


でも、特別な事情があり、どうしてもということで、期間限定で週1ペースで受け入れた親子がいました。


その子は、以前通った英語教室みたいなのがあまり合わなかったのもあり、ちょっと英語拒否気味。

でも、どうしても数か月で英語環境に慣れておいた方がいいのに、なかなか他のところでは・・・ということで。




普通の英語教室とかのプライベートレッスンって何するんだろう??

普通にマンツーマンで勉強するのかな?

よく知りませんが、おうち英語をしている親子からは、こういう不満(?)はよく聞くかな。


・先生が、どうしても「教えよう」とする。

・子どもの扱いがあまり上手じゃない。

・語りかけが少ない。

・テンションが高すぎる、もしくは低すぎる(笑)

・日本語を混ぜちゃう。


とか。


これは、オンラインレッスンなどにも共通する意見ですね。


あと、毎回、ABCソングを歌わされるとか(笑)


まぁ、ある程度、先生方の苦労もわかりますけどね~。

オンラインレッスンが増えると同時に、たいしてインプットもないのにオンラインを受講する小さい子も増える。

それは別に構わないんですけど、そんな状態なのに、親に期待感マンマンで「英語でいっぱい遊んでください」って言われてもねぇ・・・・。



ま、とにかく、頼まれた英語拒否気味だった子へ、


・オールイングリッシュで、

・テキストなどは一切使わず

・「教えない」プライベートレッスン。



んーー、さて、何をするかな・・・・??



と、私はあんまり考えないな(笑)


プライベートレッスンも、英語漬けもEPG(英語プレイグループ)も、ほぼほぼぶっつけ本番。


最初は、子どもの英語力と、性格、クセなんかを、かるーく遊びながらチェック。


そして、親からの要望も踏まえてプライベートレッスンの方向性から、1レッスンごとの目標設定と大きな目標設定までざっと頭の中でやってしまう。


所要時間、約10分くらい??

こういうところが、記憶力・知識力・運動能力・日程把握力等が壊滅的な私が、珍しく能力を発揮する場だと思われる(笑)


そして、残り時間は、目標に効率よく近づくためにあの手この手で試行錯誤しつつ、子どもの反応をみて、全てその状況に合わせて、使えるものを全部使う!



英語拒否気味の子だったり、英語環境に慣れてない子、自信がない子など、いろんな子がいるから、ある程度の内容は決められても、決めすぎない方が、その時の子ども達のメンバーと状態に、臨機応変に合わせられますしね。


とにかく楽しい!
2018_12_06_SG (1)


もっと遊びたい!
2018_12_06_SG (2)


こんな風にあそぼ!
2018_12_06_SG (3)



あ、そういや、英語だな。



英語拒否気味の子でも、そんな風に時間を過ごしているうちに、少しずつ目標設定したものが身につく。



私は、そんな感じで、プライベートレッスンや英語漬け、EPGなんかをやってます。


子どもたちが、楽しく遊んでいるうちに、いつのまにかもっと話せるようになってたらいいな。
Related Entries

出る杭はうたれる

2018年12月09日(日)

カテゴリ:●SGブログへのリンク記事



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ




今週のまとめ記事のピックアップはこちら。
11/4(日) 男がドレスきたらダメなのか?



最近は、「個性を認める」という事がよく言われる気がするし、育児をする上でなるべくそうしようと思っている人も多いのでは?



この個性をどんどん伸ばしていってあげたい!とは思う。


でも、このままいったら社会に出た時に困らないかな・・・。

でも、やっぱり一応は、大学でておいたほうが・・・

でも、やっぱり一応は、フツーっぽいパートナーと結婚したほうが・・・ってついつい思ってしまったり。


今週のトピックにもあるように「えっ、男の子なのにドレス着るの?」と一瞬ひるんでしまったり。




常に「正解」を出すための勉強をする。

「模範解答」のような小論文を書く練習をする。

「見本」がある工作をする。

常に「正解」を検索する。


そんな教育を受けてきたら、「正解」以外のもの、いわゆる「常識」から外れたものを受け入れて認めるって難しくて当たり前かも。


だから、私もふくめて、まだまだ親の意識は、全てにおいて個性を認めきるというのは難しいな~と思う。

だからこそ、まだまだ「出る杭は打たれる」な世界だなとも思う。



おうち英語の世界の事で言えば、この記事にも書いたんですが・・・
親子の英語力の優劣で上下関係とか?


親子の英語力でだれかを排除(またはウエルカム)したり、上下関係作ったりって、「個性を認める」とは真逆じゃないかな?

ネット上で誰かの事を叩いたり、悪口書き込んだりって、全然その人の個性を認められてないと思うんですが。



というか、そういうのって、「子どもの個性を認める」とか、そういうことよりもなによりも・・・


「自分自身の個性を、自分が認められていない」ことに他ならないと思う。


そりゃ、自分のこと認められてないのに、子どもの個性認めるなんてムリだろ(笑)




例えば、最近、LGBTの人がカムアウトしてたりしますよね。

少しは個性が認められるようになったのかな?


いやーー、わざわざカムアウトしなくちゃいけない時点で、まだ、個性を認める世界ではないと思う。



そういう大人の世界を子どもたちはよーーーーくみてる。


だから、「違う子」を笑いのネタにしたり、嫉妬したり、陰口言ったりするんじゃないかなと思う。



子どもにこうなってほしいなと思うことは、まず自分から。



口で100回言うよりも、自分の行動。



自己肯定感をアップさせたい。

あきらめずに努力する力をつけてほしい

人の個性を認められる子になってほしい。




じゃぁ、そうなれるように私が努力しよう。



そうすれば、「出る杭は打たれる」事はない世界に一歩近づくかな。



関連記事もどうぞ~。
オンラインでLGBT。もし子どもがそうだったら?-前編-
オンラインでLGBT。もし子どもがそうだったら?-後編-
同調するのが暗黙のルールなのか?



ではでは、今週もいってみよ~。

SGブログ記事のまとめ!


11/4(日) 男がドレスきたらダメなのか?

11/5(月) 教育関係者でもないのに

11/6(火) 【館長のブログ】自分の英語について考える

11/7(水) 【会員目線】私自身のおうち英語も

11/9(金) カナダに丸1カ月とか!



よかったら、読んでみてくださいね~!
Related Entries

いい夫辞めますて?

2018年12月06日(木)

カテゴリ:●家族や子育てのこと



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



全然タイムリーに知らなかったのですが、最近、芸人の中田という人がした、

「いい夫、辞めます」的な宣言が物議を醸しているそうで。

その宣言はコチラ


要は

「オレはこんなにがんばってる。

なのに、なぜか妻の不満・要求はエスカレート。

やってられねーよ。

だから、いい夫辞めるわ。」

ってことみたい??



まぁ、「いい夫を辞める」のは勝手にすればいいけど、もちろん同時に妻だって「いい妻を辞める」事ができる前提で言ってるんでしょうね??とは思う。


自分もいい夫は辞めて趣味を優先させるから、奥さんもいい妻辞めて、好きにしたらいいよ。って言わないとダメなんじゃないですかね?


って、夫婦が趣味を楽しんでいる間、家と子どもはどうなるのか知りませんけど。


そこ、考えてないのかな??


そういうのが、「なぜか」妻から不満を持たれる最大の理由であり、それが「なぜか」と理由がわからない最大の理由じゃないのかな?(笑)



まぁ、こういうのって、実際、夫婦の間で数えきれないほどのエピソードと、やりとりと、様々な感情が積み重なった上での結果だと思うので、単に記事だけを読んで賛成・反対をいえるものではないですが。


それに、どこまでがネタ的要素なのかわからないし、まともに文面を受けてあーだこーだとこの人のケースについて議論するのも必要ないと思うし。



ということで、この人に絡む賛否両論はおいておいて、家事・育児の分担などについて、普段から思っている事をちょっと・・・。


まずコチラ。
育児・家事しかしてないでしょ



みなさんは、ダンナさん・奥さんとの役割分担、納得してますか?

(私の中での勝手な統計では、約9割のママは納得してません(笑))

つづく。
Related Entries

おうち英語は簡単なのか?

2018年12月04日(火)

カテゴリ:●おうち英語のこと



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



日々、いろいろな人と話していると、「簡単にできる」と思う事が、人によって全然違うなと、痛感する。




で、「おうち英語は簡単なのか?」


結論からいうと、私は、簡単ではないと思う。



んー、違うな。



「簡単と思う人もいる。」かな。



子どもによっては、本当に「簡単に」おうち英語が結果につながる子もいる。


親によっては、本当に「簡単に」おうち英語ができてしまう親もいる。


でも、それは、ただの1例であって、同じようなノウハウ、同じようなやり方でやれば、同じような結果になるわけでもないし、全員が必ず簡単にできるというわけでもないと思う。


SGは、どんな親子でも「なるべく簡単に」できるようなノウハウの基礎も、アレンジ・カスタマイズするアイデアもデータも、誰にも負けないくらい持ってる自信はある。


でもね~


どうしたって、なかなか「難しいケース」もあるのも事実。



子どもが「簡単に」できる子の半分くらいのペースでしか吸収しない子もいる。


「簡単に」できる親みたいにピン!とこないから、スモールステップでアドバイスが必要な親もいる。


家庭環境も様々で、とある家庭では全く問題にならない取り組みが、とある家庭では全くできないパターンもある。





だから

「おうち英語、難しいな~」
「どうやったらいいのかな~」
「なんで私はうまくできないのかな~」


って思ってる人がいたら、落ち込んだりしなくてもいいよ~と思う。


だからこそ、孤独におうち英語やってたり、「簡単に」できない親のフォローもしたくてSGやってるんだし。




孤独に感じていたママが、少しずつSGで仲間といい関係でつながれる事を喜んでるのを見るのがすき。



いろんな事を「簡単に」こなせないママが、すこしずつ理解して、すこしずついろんな事ができるようになっていくのを見るのがすき。



子どもの変化を「簡単に」見ることができなかったママが、こどもの小さな変化に気づくようになったのを見るのがすき。



ただ、少しの事さえ「簡単に」継続できなかったママが、私でも続けられた!と少しずつ自信をもてるようになっていくのを見るのがすき。





「おうち英語は簡単」とは正直、私は言い切れない。


でも、試行錯誤しつつのおうち英語も、自分と子どもを見つめてやっていけば、英語以外の部分も含めて、少なくとも、「やっててよかったな」って子どもが大きくなった時にしみじみ思えるんじゃないかな~と思う。


そして、それを毎日こまめにフォローしつつ、京都にいながらにして、全国でがんばっている親子のおうち英語のカタチと伴走しながらシェアできるSGを仕事としてできるのが、すごく幸せだなと思う。

Related Entries

by あんちゃん


全然簡単じゃないよね(笑)どんなに吸収する子でも、そうじゃない子でも、毎日毎日毎日毎日コツコツ試行錯誤しながら長い道のりを親子で走り続けてるんだもん。
ただ、言えることは巷の英語教室なんかより確実に力になるし、親子で関われる時間が増えるってことかな?!

>>あんちゃんby リサ


珍しくコメント入れてるやん(笑)

そやね~。まぁ、コツコツ試行錯誤すること自体が全く苦にならない親や、ほぼ動画漬けのみでおもしろいように話せるようになる子も実際いるから、「楽しい!簡単!」と思う人もいるとは思うんよね。

でも、大部分はあんちゃんの言う通りで試行錯誤を毎日してて「簡単!」とは違うよね~。
だからこそ、SGがやってるような細かいフォローが大事なんじゃないかなと思うし、「簡単だからあなたもできるよ!おうち英語やろ!」とは言えないな~と。

親子で関われる時間が増えて、確実に力になる。まさしく!!!

英検、おうち英語版と世間一般版

2018年12月02日(日)

カテゴリ:●SGブログへのリンク記事



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ




今週のまとめ記事のピックアップはこちら。
10/30(火) 【館長のブログ】英検準1級一次結果(次男 じろう)



ようやくWi-Fiがつながりました(笑)
参考記事Wi-Fiフリー



なんと丸、1週間、家ではネットなし状態。


でも、お陰で、ついつい後回しになってしまっていた、ネットを使わずにする仕事がはかどりました(笑)


英語ネタが極端に少なく、最近更新頻度も減少気味の私のブログ・・・。
それでも、「毎日ブログ確認してます!」と言ってくださる方も多くありがたいです。


ところで、英検。


ばやちゃんの次男君は、今回準1ダメでしたが、SGブッククラブに参加してくれてる子たちは、小4?の子が準1、中3の子が1級合格してました。

SGブッククラブの子たち、優秀だな・・・(笑)


もちろん、英検はある程度、英語力の目安にはなると思う。


ただ、おうち英語的英検レベルと、世間一般的英検レベルの差が激しいな~と常々思う。


私は、あるときから、英語レベル限定のイベントをするときに「英検〇級以上」という項目を設けなくなりました。



おうち英語っ子たちに囲まれていると、

「英検3級を持っている=ある程度の会話は問題なし」

というレベル判断になってしまってたんですよね・・・。



自分だって、昔は、英語の勉強をして辛うじて2級を高校卒業してから取ったレベルで、もちろんペラペラ話せない状態だったはずなのに。



結果として「合格」「不合格」だから、「〇級もってます」という線引きも、それはそれでもちろんいいんです。



でも、やっぱり、世間一般の「英検〇級をもってる」というのは、試験は合格したけど実際の英語力はそこまでないっていうのになりがちで、ちょっと残念。


英検〇級レベルの英語がすでに使いこなせるから、勉強なしで何回受けても合格しますよっていう英語力をもてる「おうち英語」って、いいんじゃないかな~と思う。


ではでは、今週もいってみよ~。

SGブログ記事のまとめ!


10/28(日) 【多読レポ:らっすさん】3、sniff!sniff!ピーちゃんはパンケーキより美味しそう⁉︎

10/29(月) 非効率的インプットの無駄さと豊かさ

10/30(火) 【館長のブログ】英検準1級一次結果(次男 じろう)

10/31(水) ハロウィン@大津西武

11/1(木) 絵本の読み方練習!

11/2(金) 本家ハロウィンパーティ


よかったら、読んでみてくださいね~!
Related Entries

Comments

お問い合わせ


お気軽にどうぞ!!
カレンダー
イベントやレッスン
こちらをチェック!!

FC2プロフ
最新の記事
最新コメント
ランキング
検索フォーム
多読王国
長女リリの洋書多読記録を語数カウントできる「多読王国」でつけてみることにしました♪ 

今まで読んだ本もぼちぼち追加していこうと思います。

decoboko.jp