カテゴリ
おうち英語におススメ!
イチオシの「おうち英語」絵本や教材たち!!




リンク

ついでにフォニックス(?)も突然やりだした!

2018年01月27日(土)

カテゴリ:●英語・スペイン語



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



先日、次女のジャスミンが聞き読みをしはじめたっていう記事を書きましたが・・
「突然、聞き読みしはじめた」


記事にしそびれてたネタを思い出しました。


だいぶ前の事なんですが、ちょこちょことジョリーフォニックスの教材を持っている私。


こちらの"Read and See"シリーズは、親が見るとなんてことない感じなんですが(失礼)、次女が案外好きでよく眺めたり一緒に読んだりします。





普段、アルファベットを書くのもアヤシイ次女。


突然、「書きたい!」と言って、色鉛筆とスケッチブックとテーブルをセッティング。
一心不乱に書きだした。


正座してる(笑)
2018_01_25_blog (5)

見本を床に置かずにテーブルに置いたら?って言ってみたけど、却下されてしまった・・・


また、違う日も突然やりだして、本のマネしてアルファベットや絵をひたすら描く。
2018_01_25_blog (1)

書きつつ「beeeeeeed」「suuuuuuuuun」と言いながら、またひたすら描く。
2018_01_25_blog (2)


できあがり~!
いっぱい描けた!とご満悦。
2018_01_25_blog (4)



このシリーズの本は、どんなものかというと、左のページに"box"とか単語が書いてあって、右ページはフラップみたいになってて、開けると「箱」の絵がある。


ただ、それだけです(笑)


1冊につき6種類?くらいしかないから、すぐに覚えてしまう。


なので、「フォニックスで単語を読んでる」というよりは、もはや「単語記憶ゲーム」のような気もしない。



これだけで、フォニックスを学んでるとか、そういうわけではないんだけど、これも、一つの経験値としてストックされるはず。



ベッドはbed

b/e/dって書くんだね。

はい、「b」書いて。つぎ、「e」。最後に「d」ね!


そうやって教える方が早いかも(笑)


というか、そうやって教える方がいい時もあるかも。


でもまー、当分、こんな感じでいいや。

bedやら、sunやら、当たり前だけど、普通に使えてるし、いずれ、スペル書けるようになるだろうし。

書けなくても、例えば、お話を自分で書きたくなって、sunってどう書くの?って聞かれたらスペル言えばいいかと思って。


日本語でも「○○ちゃん、またいっしょにあそぼうね」ってお手紙にかきたい!って言われたときに、ひらがなを書いて見せてあげるようにね。

突然、聞き読みしはじめた

2018年01月24日(水)

カテゴリ:●英語・スペイン語



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



幼稚園とかで英検〇級受かったりする子いますよね。


よく考えたら、問題文とか、選択肢を読めないと解けないわけで、単純にすごいなと思う。



まだまだ小さいのに、洋書をガンガン読める子もブログで見てるとたくさんいる(ように思える)。


読みに長けてる子って日本語でももちろんいるし、勝手に読めるようになっていくタイプの子はそれで全然いいと思う。


もちろん、私も、子どもたちには、ある程度洋書が読めるようになってほしいとは思ってます。



じゃぁ、我が家で、読めるようになるために何をしてるかというと・・・・・



ほぼ、何もしてない(笑)



んー、ちょっと語弊があるか。


いわゆる、読めるようになるために一般的にやるのかな?ってことは、ほぼ、何もしない。



例えば、フォニックスをあれやこれやと取り入れるだとか、サイトワードの本を読む練習だとか、ワークブックだとか、く〇ん的なプリント(?)だとか、そういうのはしないです。


なので、年長になる次女ジャスミンは、いまだにうすーーーーい本も自分で読めないです。


SGブッククラブには、当分参加できなさそうだ(笑)



でも、別にいいかなと思って。


何に関してもそうだけど、早ければいいわけでもないし。


おむつ外しとかも、ぶっちゃけ、時期とかどーでもいい。

イヤでも外れるわ。




でも、読みに関して、たま~に種まきだけは多少します。



先日も、こちらのSGに置きっぱなしだった、ばやちゃんの私物のマジックアドベンチャーをかりてきたんですが・・・





CDの音源をさらーっとかけ流しておいて、漫画を読んでみた。


私が。


本当は、ジョージにどうかな?って借りてきたんですよね。


で、ジョージにそれとなーく言ってみた。


 「あ、ほら、ここのお話読んでくれてるね!」


 「へ~、そうなのか。ぼくはな、しらなかったよ。」



・・・・・・・



一切興味ナシ。



数日後、相変らず、さらーーーーっと音源をかけていたら


 「今、どこ読んでるの?? ジャスミン、本、見たい!」
2018_01_22_blog.jpg


と、そこから、突然、毎日聞き読み。



もちろん、読めるわけではないので、絵をみつつ、ピロロンと音がすればページをめくるって感じなんだけど、勝手にやりはじめた。



そう。我が家はこれでいい。


さらっと種だけまいておいて、インプットはコツコツしておいて、本人が突然勝手にやりはじめるまで、ほぼ放置(笑)



「導こう」

「教えよう」

「段階を踏ませよう」

「どんどん上達させよう」

「もっと上のことができるように」

「なるべく早くできるようにしておこう」


っていうのも、きっといいんだろうし、カリキュラムのようなものが必要な事もあると思う。

それに、そういう「順番に」導くことが好きで、上手な人もいるだろうし。



だけど、私は、そういうこと、あんまり考えてないな~。


ま~、いろいろと「遅い」のかもしれないけど、別にそれでもいいや、と思ってる。


いつか、来るさ。

種まいて、周りから少しずつ固めておけば。

今!って時が。


その子それぞれの「今!」に読めるようになれば、私は、それでいい。


「本を読む」ってなに?

「楽しんで本を読む」ってどういうこと?


それを考えたら、字面を追えるようになることよりも、その本の内容が楽しめればそれでいいんだし、読み聞かせでも、音源聞くでも、実際に文面読むでも、どれでもいいんじゃないかな!

私のカンペキなおうち英語の取り組み

2017年05月17日(水)

カテゴリ:●英語・スペイン語



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



次は大阪SGの事を書こうと思ったけど、いつものごとく、前から書こうと思ってた事を思い出したので違う話題を横入り(笑)


かけ流しはすごく大事!!

子どものレベルに合わせて、かけ流しした方がいいよ~!!



とか普段から言ってる私。



その当の私は、どんだけカンペキに取り組めているかというと!




最近・・・・・・



ほんとに・・・・・・




まったくもって、できてない・・・・・・・




聞き流しとかさ。


これ、聞かせた方がよさそうだな~っていう音源はあるんですよ。

ちゃんと。



でもね~、子ども用の音源に、私がほんと飽きちゃってて



ついつい、自分の音楽かけちゃう。


もしくは、長女が音楽をかけたりもしてるんですが、以前はOne Directionが好きだったリリ。


彼女が最近ハマっているのはこちらのグループ。





韓国語やないかい!!!




最近、ぐーたらな私に代わって、ダンナが主夫並みに料理してくれるんですが、その時にかかる音楽はこのへん。





スペイン語やないかい!!!!



私のかける音楽はこの辺。




なんなら英語だし、マシな方に思えてくるわ!




ちょっと、ここ最近、ほんとにジャスミンにあわせた英語の時間がすごく少なくなってます。


でも、まぁ、こうなることがわかってて、幼稚園に入る前にがっつりインプットやってたので、ある意味想定内なんだけども


ここらで、ちょっと軌道修正しよ~。


リリやジョージはしていたのに、ジャスミンがあまりしていないことといえば・・・



● 英語で遊ぶ (幼稚園以上になってから、一緒に遊ばずほぼ放置・・・・)

● オーディオCDを聞く (上が聞いてた時は、もれなくジャスミンも聞いてたんだけど、レベルが合ってなかったしね・・・・)

● ちょっとしたイベント参加 (3人目、優先順位最低ランク・・・・)

● 絵本の読み聞かせ (3人目。完全放置・・・・・)


書いてて思った。


私、ジャスミンにほんとになんにもしてない・・・・・


相変らず罪悪感・・・・
(その他の罪悪感ネタはこちらの記事参照^^;)



あーーー、がんばろ。



次女の日英反対のルー語がヒドイ件。

2017年02月16日(木)

カテゴリ:●英語・スペイン語



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



家族間、それぞれ日本語と英語の比率は微妙にちがうのですが・・・・


次女ジャスミンは、家庭内ではほぼ英語です。


ただし、幼稚園は普通の日本の幼稚園なので、バリバリの関西弁です。







最近、生活発表会の練習に大忙しのジャスミン。


今年は「アリス・イン・ワンダーランド」がテーマらしいです。


毎日、練習をがんばっているようで、先日、寝言でも発表会の歌をうたってました(笑)



で、その生活発表会の事を一生懸命お話してくれるのですが・・・・



基本の文章は英語なのに、アリスの劇に関する固有名詞は全て幼稚園で使う日本語。



ものすごい、ルー語感。



Mommy! Today, we practiced ありす・いん・わんだーらんど, and then, ○○ちゃん was ハートのじょおう.


But she didn't remember セリフ.


And.... do you know what is ○○くん ?

He is とらんぷのへーたい!


○○せんせい said, we have to stay on すてーじ.


The left まいく was broken but the right one was OK!"




んーーーーーー、これって、いいんだろうか・・・・・^^;

幼稚園の漢字教育と、英語自力読みへのプロセス~後半~

2016年12月07日(水)

カテゴリ:●英語・スペイン語



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ


*このシリーズの前半から読みたい方はコチラ


うちの長男は、読みがすごく苦手で、私もジョージにはあえて英語をしようと思っていないので、フォニックスをはじめ、読み方などは一切教えていません。


でも、いつのまにかずいぶん読めるようになりました。
(といっても、読めるレベルはとっても低めですよ。)


何にもしてないのに、どうして読めるようになったのかな?と考えると・・・・


ジョージの場合は主にこの二つの理由だと思います。



1、一部のフォニックスルールを動画をみて勝手に学んだ。


2、好きな音源だけを繰り返し聞いていた → 本と音源を合わせて繰り返し聞いていた



です。



「1、一部のフォニックスルールを動画をみて勝手に学んだ」

これのきっかけとなった動画は主に二つ。


「ライオンたちとイングリッシュ」



このシリーズ、むかーーーし、NHKでやってたんですよね。

その時にダビングしたものが少しあるんですが、その時はまさかここまでドはまりするとは思わず、エピソードも10個くらいしかダビングしてなくて・・・・。


私のばかーーー!!!!


全エピソード、ダビングしとけばよかった・・・・・。



あともう一つの動画は、「ワールドワイドキッズ」のDVDです。


先ほどのライオンとイングリッシュは、かなりフォニックス・読みに重きをおいた内容となっています。

WKのDVDは歌あり、話ありで、特に「読み」とかではないのですが、フォニックスを教えてくれるパーツがあります。


やはり視覚優位なジョージにとっては、ただの説明は、なかなか頭に入らないんですが、動画はやはりすごい威力を発揮してくれます。



で、主にその二つの動画を見まくって、読める単語が確実に増えました。





2、好きな音源だけを繰り返し聞いていた → 本と音源を合わせて繰り返し聞いていた


ほぼ唯一といってもいいくらいの、ジョージの好きだった音源はこちら。

「かえるくん と がまくん」のCDです。



長女が聞いているオーディオCDは本当に「朗読」しか入ってないものが多いのですが、このくらいのレベルだと、すこしBGMみたいなのがあったり、効果音も入っていて、楽しく聞けますね。


とにかく、このCDが大好きで、ラジカセの前にへばりついて聞いていました。

すると、間もなく、CDなしで音読しているジョージを見てビックリ。

でも、もちろん、これって、ジャスミンの漢字絵本の「暗唱」と同じ感じなんだと思います。


読めないのに、耳コピして話を覚えてしまったジョージ。


そのうち、本を一緒に見て、挿絵とCDを同時に楽しむように。


そして、なんとなくこの辺を読んでいるというのが自然とわかってきたようです。


その時、どうも単語や文章のはじめの文字の音で判断している感じでした。


好きなことは、毎日毎日飽きもせず繰り返しして、何がおもしろいのか抱腹絶倒しつつ全身全霊で楽しむジョージ。


何を言ったって、このCDの聞き読みがブームのときはひたすらやり続けるし、ほっておきました。



フォニックスを学ぶのに役立った動画と、音源の聞き読みを軸に、ちょこちょこと毎日触れる英語が少しずつたまっていって、ある程度読めるようになった、という感じです。



もちろん、ほかのデキるお子さんと比べたら、すんごく読みも遅いですよ。



でもね、おうち英語せずに、中学に入ってから英語を学んだとしたら、確実にゼロ点しかとれないようなジョージが、ジョージの個性に合わせて毎日ゆるく英語のある生活をするだけで、「ある程度」読めるようになるなんて、すごい。


早くから読める、早くからオンライン、早くから英検、早くから・・・・っていうお子さんばっかり見えちゃうかもしれないけど、その子に合った、そして、その子のペースでおうち英語のサポートしてあげたいですね。



コメント

お問い合わせ


お気軽にどうぞ!!
カレンダー
イベントやレッスン
こちらをチェック!!

FC2プロフ
最新の記事
最新コメント
ランキング
検索フォーム
多読王国
長女リリの洋書多読記録を語数カウントできる「多読王国」でつけてみることにしました♪ 

今まで読んだ本もぼちぼち追加していこうと思います。

decoboko.jp