カテゴリ
おうち英語におススメ!
イチオシの「おうち英語」絵本や教材たち!!




リンク

個人面談、両方の立場から

2017年06月23日(金)

カテゴリ:英語・お仕事のこと



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ


個人面談の季節ですね~。


・・・・・って、すっかり忘れてたんですが、先日、小学校の担任の先生から電話がかかってきました。



「あのぉ~・・・・、個人面談の希望日時を出す紙、今日、提出日だったんですが・・・・・」



へ!?


一切見てないですけど。



ジョージに「個人面談の紙はどこ??」と聞くと、すぐに目が泳ぎだす。


 「え・・・えっとな、あったはずっと思ってたけどな、ちょっとな、あると思うで。」



とランドセルをガサガサ・・・。



 「え・・・・ちょっとな、、、あったはずっと思ったけどな・・・・・」





あったはずっと思ったけど・・・・


いつものように、ないんでしょ?(笑)




ということで、いつものように、先生に電話で直接希望日時を伝えました。

こんな奇跡の時もあったのにな~(笑)



で、小学校の個人面談では、保護者の立場として先生からのお話を聞いたりするわけですが・・・・


こんなジョージの事も、いい所をみつけてサポートしてくださったり、今後の事も一緒になって考えてくださったり、今の担任の先生(4年目)には本当にお世話になっていて、ありがたい限りです。



でも、いつも思う事があります。



ん~、これは、小学校の先生だけに限らず、療育の先生などにも当てはまるんですが・・・


とにかく、話がまわりくどい・・・・・^^;

たぶん、傷ついたり、怒らせたりしないようにって事なんでしょうかね??



というか、そういう保護者もいるんでしょうね。



私は、何か問題があれば、ハッキリ言ってもらった方が全然いいし、そこをオブラートに何重にも包んで、結局イマイチ問題点がわからずそのままになるくらいだったら、単刀直入に言ってもらって、その上で対処法を考える時間に費やしたい。



だから、あ、たぶん、言いたいことがあるのに、すんごい言葉選んでオブラートに包んで話そうとしてくださってるな~と思ったら、自分から「ハッキリ言ってください。」と先に言っちゃいます。



例えば、ジョージに障がい者手帳を取得するときなんかも、まーーーーーーまわりくどくてイライラ。

なんか、はれ物にでも触るような説明でね~。


もちろん、そうされないと、ショック(?)な保護者の方々もいるでしょう。

でも、そういうタイプかどうかって、話し方とか聞いたらわからんもんかな??



小学校では、先生から話を聞く立場の私ですが、仕事面では、逆に保護者の方々に話をしたりする立場でもあるわけです。




特に、この夏、「SG会員、全員と個人面談をやる!!」って決めたので、現在、会員限定ページでスケジュール調整をかけてます。


私の空いている時間を表にして、会員のみんなに希望日時をコメント欄に入れていってもらってます。

んーーー、7月、死にそう(笑)



で、そのコメント欄に、やたらとみんなが


「キンチョーーする」だの


「ドキドキする」だの


「説教こわい」だの入れる。




なんでやねん(笑)




いつも、保護者側から面談を受けて、遠回し過ぎてイライラしてる私ですが、オブラートが必要な保護者もいるのもわかってます。



だからこそ、どの保護者にはオブラートが何重必要なのかっていう見極めが大事だと思ってます。



で、それをするためには、普段からの関わりが大事。



普段、あまり関わりがなかったら、それぞれのママが、どういうタイプかってわからないから、全ての人にオブラートを過剰包装しなくちゃいけなくなる。



私が、普段からアホみたいに会員さんたちと個人的にもやりとりするのは、もちろん私がそういうのが大好きだから!っていうのが一番の理由なんだけど、そういう見極めが何事にも大事だからと思っているからっていうのもある。



でも、基本的に、私がSGでやる面談は、無駄を省くために、オブラートは超最小限にするからね。




「育児」を基本とする「おうち英語」っていうのは、親の考え方や取り組みが、子どもに直接影響がいく。


本気で「育児」と「おうち英語」の軌道修正かけたいと思ったら、無駄なオブラートに包んでる場合じゃないし、そういう私のやり方がわかってて会員になってくれてる人達ばかりだと思うからやりやすい。

だから会員制にしてるっていうのもあるしね。



ま~もちろん、話聞く前からシバキ予定の人いますけど(笑)、私、ほんとにめっちゃ優しいですから!!


個人面談で、それぞれみんな、ゆっくり話せるのを、楽しみにしてまーす!

英語力が中・上級者の悩み

2017年06月21日(水)

カテゴリ:英語・お仕事のこと



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



✳︎ 2017年 夏休み特別イベントの詳細&お申込みはコチラ!


よく間違えられるのですが、私は、帰国子女でもないし、ハーフでもないです。


8年ほどアメリカに住んでいましたが、教育は全て日本で受けましたし、決して「ネイティブ」でも、「バイリンガル」でもありません。



あ、「バイリンガル」かどうかというのは、あくまでも、私の中でのバイリンガル定義基準です。(←バイリンガルの定義について書いた記事はこちら。)



でも、もちろん、英語ができないわけではないです。



いや、かなり出来る方だと思います。


ただ、決して、全ての英語が完璧で自由自在に操れるネイティブではない。





だからこそ、自分の英語力の限界もイヤでもわかるし、だからこそ、超えられない壁があるのもわかる。


だからこそ、もっと上を目指そうと思うし、だからこそ、それでもまだ足りない部分が山のようにある事もわかる。





もちろん、例えば、仕事柄、高度な英語を目指す人達が集まっているとか、そういう場所なら、みんなが同じような英語レベルだろうし、理解しあえるのかも。




でも、ごく普通の環境の場合、ある程度、英語力があると、周りからは「ペラペラだね~。」というレッテルを貼られ・・・・・



「いや~、まだまだ出来てないから勉強しないと」というと、まわりから総攻撃を受ける。



「もう勉強なんかしなくても、じゅうぶんデキルやん!!!!」と(笑)




いやいや、もっと勉強したいし、もっとブラッシュアップしたい。



なかなか分かってもらえない、ある程度、英語ができる人の悩み。


でも、あまり周りには相談したり、愚痴ったりできない。





・・・・・・ってなことを、最近、よくSG会員の英語ができる部類に入るママたちとしゃべっててね(笑)


いろいろしゃべりたいよね。

悩みシェアしたいよね。

ブラッシュアップしたいよね。



でも、そういう「英語サークル」って、学生向けか、老人(笑)向けしかないんだよね~。


学生向け?・・・・・・キャピキャピの若者たちに交じる勇気が・・・・(笑)

じーちゃん、ばーちゃん向け?・・・・・ま・・・・まだ、早いかと・・・・・・^^;


よし、きーめた!




ある程度英語ができる「ママ」限定の、EOTとか、サークルみたいなのやろ~っと!

*EOT(=English Only Time、またの名を、強制英語タイム)というのは、SGで会員限定でやっているプチイベで、どんな英語レベルのママも、絶対に英語しかしゃべっちゃだめっていうやつです。普段のEOTプチイベは英語ができないママでも全然参加オッケーですよ。
普段のEOTの様子はこちら →「ダンナと一番最近のケンカ」を英語で話す!



そういうママたちの勉強法とか、疑問シェアとか、悩みシェアとかさ~。


あと、ある程度、英語ができるママがおうち英語するときに、陥りやすい状況ってあって、それも話したいっていうのもある・・・。



とりあえず、なんかそういうの(笑)




あ、私、常にこういう「思いつき」な感じでやってます^^;


でも、楽しそう~!みんな喜びそ~!と思ったら、他にあまり見かけないものでも関係ない。


そう。



「ないなら作れ~!!!」

おうち英語をする親の嫉妬

2017年06月15日(木)

カテゴリ:英語・お仕事のこと



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ


✳︎ 2017年 夏休み特別イベントの詳細はコチラ!



子育てあるある。



「うちのこ、まだ、おむつ取れないの~。」

「もう、コップで飲めるの?」

「もう歩きはじめちゃって・・・・」

「まだ、全然しゃべれないの。」

「なかなか離乳食食べなくて・・・・。」



子どもが小さい時って、他の子との成長具合の違いがやたらと気になりますよね~。


「月齢」も気になるし。(まぁ、月齢が気になるのなんて、一人目くらいですが(笑))



でも、小さい時の悩みは、子どもが大きくなれば、ぶっちゃけ、大したことないって絶対思うと思います。



いつまでもオムツしてる子なんていないし、ちゃんと食べるようになるし、いつまでも哺乳瓶で飲んでる子なんていないですから。



うちのジョージだって、小2くらいまで夜はオムツしてましたし、今でも白い炭水化物しか食べませんし、4歳くらいまで哺乳瓶で粉ミルクをグッビグビ飲んでました。


でも、いまでは、何も問題ないですしね。(あ、食べ物はそのままですが、健康です。)




それが、子どもが大きくなるにつれてもっと他の子との比較観点は複雑に。



「○○ちゃんは、もう◆◆が読めるんだって!」

「○○君は、どこどこの小学校にお受験して入ったんだって!」


お受検、検定試験、公文、習い事、クラブ、学校・模試の成績・・・・・・。


比べようと思ったら、ネタは山ほどある。





そして、「おうち英語」。


「○○君は、もうペラペラなんだって。」

「○○ちゃんは、もうチャプターブックが読めるんだって。」

「○○君は、スピコンで優秀賞とったんだって。」

「○○ちゃんは、英検1級とったんだって。」


もちろん、「おうち英語」は育児でもあるんだから、子育てあるあると似てるな~。



でも、すごくやっかいだなと思う事がある。



それは、「親が意識して取り組んでる」ってこと。



聞き流しをしたり、読み聞かせをしたり、いろんな事を親は意識的に子どものためにやってるわけですよね。



すると、子どもの出来、不出来が、自分の取り組んできたことへの評価みたいに思うのか?

その点、「お受験」は似てるかも。




まぁ、「おうち英語」や「お受験」に取り組む親だって、人間ですからね。

わからないでもない。


一生懸命自分もとりくんできてるのに、同じように取り組んできた他の親の子の方が、自分の子より明らかにデキがいいと、凹んだり、うらやましいなと思ったりすることもあると思う。


言語能力にたけてる子もいれば、そうでない子もいるし、読むのが得意な子もいれば、そうでない子もいる。



頭では納得してても、やっぱり、「どうして、うちはまだできないのかな・・・・」って思う事もあると思う。



英検やスピコン、模試などでバッチリ数字や成績がでてしまうと、いやでも目の当たりにしてしまうし。



でも、うらやましいな、とか、凹んだりする気持ちになってしまうのは、仕方ないけれど、そこから、人への嫉妬ではなく、いい意味で刺激にすればいいと思うし、そこからの切り替えが必要ですよね。




私だって、うーーーん、これだけやってるのに、なかなか実を結ばないなって事もよくある。



昨日も、ジョージに、(←小6)

 「おーい、靴が左右反対だよ。」って言ったら、


 「え??そうか??ちょっと僕はわからないよ。」 と言われたところ(笑)



もうかれこれ10年ほど、靴の左右を教えてるけど、まだわからないらしい(爆)



でも、かといって、「もう!!どうしてできないのよ!!!」と怒ったりすることもないし、「ああ、どうしてあの子は左右の靴がちゃんとはけるのかしら、ちくしょーー!」なんて思わないww





でも、最近、身近にいたんですよね~。





表面上は「すごいね、よくできるね」って笑顔だったのに、あーーーーー、実は、その親子に嫉妬してたんだなってのが。


裏で悪口いったりさー、そういう態度とったりさー。


友だちじゃなかったんだ~。




超幻滅。




そのほかにも、嫉妬にまみれた人たまに見かけるけどさ。



そういうの、やめよーよ。



なにも生み出さないし、結局、自分が落ちてくだけだから。



九州からも、東京からも、愛知からも!

2017年06月12日(月)

カテゴリ:英語・お仕事のこと



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



今、勝手に私の中でアツい、SGのブッククラブ(笑)



1グループは、ネイティブの先生、私、生徒3人のみ。



チャプターブックを読んで、それについて話したり、Show and Tellをしたりしてます。



スカイプを使ってるから、いろんなところに住む、英語が読めて話せる子どもたちが参加してくれてて楽しい!




で、3月から、月一回ペースでやってきたんですが…





子ども達が本についてのディスカッションをする時の成長ぶり。



お互いの意見を聞いて、質問をしたり、自分の意見を述べたりするのがうまくなってきている様子。


本にあまり興味がなかった子達が、お友達の刺激を受けて、洋書が娯楽になりつつある現状。


ブッククラブを通じて知り合う、全然違う地域に住む親子の繋がり。






いやーーー、たまらん、楽しい!!!





さらに、夏に、とある企画が持ち上がってて。




いつもは、バラバラの場所からスカイプでつながってやってるブッククラブだけどさ。



みんなで会いたいね!!




じゃあ、夏休みに京都のSGに集まって、「リアルブッククラブ」をやる??って軽くフってみたら・・・



あっという間に「やろう、やろう!」と開催決定。



・・・・・え、みんな、、自分たちの住んでる場所、わかってる??



京都までの交通費と宿泊費すごいんですけど!!!




と思ったけど、現在ブッククラブに参加してくださってるみなさんが、都合をなんとかつけて参加したいです!とおっしゃってくださっているので、リアルに会うからこそできることができたらな~と、考えてます。



さらに、そこに、「マティアス家でお泊り」企画をブッククラブの方々用にアレンジして開催する予定!



いやーーー、楽しみすぎる!



====

一応、今回のブッククラブは、6ヶ月を1クールにしてます。


今のクールは3月~8月なので、9月から新しいクールをはじめます!



継続の方が優先ですが、空きが出れば、順にご案内させていただきますので、興味のある方は、お問い合わせフォームや、LINE@などからご連絡くださいね。


✳︎3日以内に返信がない場合は、お手数ですが、再度ご連絡いただくか、違う手段でのご連絡をいただけると助かります!

意外と私の秘密ブログの存在がバレてた件(笑)

2017年06月06日(火)

カテゴリ:英語・お仕事のこと



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ


先日、コチラの「多くの人に共通する、おうち英語の問題点」という記事に、ちらっと書いてた、とある目的で、おうち英語をする上で大事な事などをこっそりまとめていた、「秘密ブログ」。




いやーーーー、びっくりしました・・・・・。





結構、あのブログの存在って、バレてたんですね・・・・・・





「あの記事に書いてあった秘密ブログって、あれですよね??」


「実はあのブログ、読んでました!!」



「誰が書いているのかと思っていたけれど、まさかリサさん・SG関連のブログだったとは!!」




えっと・・・・私、ブログのタイトルとかって、どこにも明記してなかったよね??




あかん、めっちゃバレてるやん(笑)




まぁ、私の秘密ブログがどれかわかった方は、ああ、SGのおうち英語の考え方の軸は、こうなんだな・・と思って参考にしていただければ光栄です。




もちろん、いろんなカタチ(←あかん、この書き方も、バレた一因か・・・・ww)があるわけだし、あそこにまとめているのが、必ずしも、正しいわけでもないでしょうし、いろんなご意見もあると思います。



ただ、私の中では、おうち英語をする上で、絶対ブレずに大事にしたいことがある。



それを伝えていけたらなと。



あと、私は、SGを通して、おうち英語に取り組む親子、特に保護者の方への多角的・包括的なサポートを大事にしたいんですよね。



「おうち英語のノウハウ・具体例を提案する」、「体験談をシェアする」、「イベントを開催する」、「交流会を開催する」などは、ぶっちゃけ、ただの表面的なサポートだと思ってます。



開催するだけなら、それは、誰でもできる事だと思う。



どこまで大きく、深い事を見据えて企画するのか。


どこまでの想いをもって参加してくれた方々に尽くし、寄り添えるのか。


自分が提供できる最大限の事はなんなのか。




SGを運営する上で、私にとって「おうち英語」は、正直、1つのキーワードにしかすぎない。



親子関係も、ママ同士の関係も、おうち英語も、育児も、仕事も、英語の勉強も、すべての事は「人」が基本。



やっぱり、一番「人」が大事。



SGの会員さんだけでなく、イベントやレッスンに参加してくださる方々、ブログを読んでくださっている方々、いつも助けてくれる友達、いろんな成長を見せてくれる子どもたち。



「人」として、大事な事を失っていては、おうち英語なんかする意味は何もないと思う。




私は、常にそこを念頭においてるかな。



私がやってるSGだからこそ参加したい、一緒におうち英語をがんばりたいって言ってくれるみんなと、外はそれとな~く、中はアツく・・・ね(笑)



私は、私のやり方で、がんばろっと!




あ、秘密ブログがどれか分かってしまった方!コメント欄とかで暴露しないでね(笑)

私にこっそりブログの感想教えてくださいww



どれかわかんないよ!って方は・・・・



ま、いつか見つかる時まで、そのままで・・・・・。






最後に、私の、会員ページでぶちまけてるアツすぎる想いを、いつも「ウエルカムだよ!!」って受け入れてくれる、会員のみんな、ありがとう~!

ほとんどが、しょーもない駄スレかツッコミコメントだけど、また、たま~に、ウザいほどのアツい投稿させてね~♪

限定公開記事もボチボチ書いていくからね^ ^

コメント

お問い合わせ


お気軽にどうぞ!!
カレンダー
イベントやレッスン
こちらをチェック!!

FC2プロフ
最新の記事
最新コメント
ランキング
検索フォーム
多読王国
長女リリの洋書多読記録を語数カウントできる「多読王国」でつけてみることにしました♪ 

今まで読んだ本もぼちぼち追加していこうと思います。

decoboko.jp