カテゴリ
おうち英語におススメ!
イチオシの「おうち英語」絵本や教材たち!!




リンク

久しぶりの大地震

2018年06月21日(木)

カテゴリ:●いろいろ日記



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ




阪神大震災を思い出すほどの揺れでした。


当時、高校生だった私は、ベッドで寝ていました。


ゴゴゴゴーーーーという、すごい轟音がなったかと思ったら・・・・


突然、家ごと巨人に揺さぶられているかのような、ワッサワッサというものすごい揺れ。


家全体が「ギシギシ」ときしむ音。


ドサドサーーーッと本棚の本がどんどん落ちてくる情景。



別の寝室から、親が「リサーーーー!大丈夫かーー!?」と叫ぶ声。


揺れはなかなかおさまらなくて、いつ、家が崩れ落ちるだろうかと、布団をにぎりしめながら、心臓がバクバクしたのを、今でも鮮明に覚えてます。



それから23年。



その間に日本各地で大きな地震は何度もあったけれど、私自身は震度3以下しか経験してなくて。


「天災は忘れたころにやってくる」



ほんと、間違いない。



たまたま代休だった小1の次女と、午後から仕事だったダンナと、私だけが家にいました。



轟音とともに、突然のすんごい揺れ!!!


阪神大震災のときは「ワッサワッサ」「ギシギシ・ミシミシ」っていう音だったけど、今回は「ガタガタガタ!!「ガチャガチャッ」っていう音だった。


置いてる家具とかの違いによるのかな~??


たまたまテーブルの近くにいたので、すぐにテーブルの下へ。



前の地震は、家をおおきく揺らされてる感覚だったけど、今回は、家じゅうが「ガタガタガタ!!!」と小刻みにシェイクされてるみたいに揺れた。



とりあえず、テーブルの脚を持って隠れる以外、なにもできない。


次女はパニックになって泣き叫んでいたけど、私は次女の手を握りながら、"It's OK."を繰り返して、とりあえず揺れがおさまるのを待つ。


揺れていた時間は阪神大震災より短かった気がする。

部屋にいたダンナも飛び出してきて、次女を抱っこして、一旦外へ。


私は、隣にすむおばあちゃんの安否確認。


京都(山科)は、電気やガスなどのライフラインは何も問題がなく、ガスの安全装置が働いて止まったのを開栓したくらいかな。


学校に登校してしまっていた長女は電車がストップしていたので迎えに行き、長男は徒歩で帰宅。

その日のレッスンはキャンセルして別日に振替。

我が家はそれくらいの対応で大丈夫でしたが、大阪の友達の投稿や話をきいていると、まだガスがとまってるとか、断水だったとか、キッチンの食器棚が全部倒れたとか、かなりの被害だった様子。


さらに、翌日の火曜日は関西全域で豪雨。


地震でずれた地盤に、豪雨で緩んだ地盤。



鹿児島県北西部地震と似ているため、数日以内に本震が起こる可能性も高いんだとか。


現在でも、不自由な生活を余儀なくされている方々もいらっしゃるはず。



ブロック塀が倒れて下敷きになってしまった、見守り隊をしてくださっていた男性や、通学路を歩いていた小学生の女の子など、ニュースをみるたびに胸がいたい・・。


あのブロック塀をだれが建てたのか、だれが管轄してるのかわかりませんが、こういう災害だけでなく、数多くの事件が人目のない「通学路」で起きているのも事実。



ブロック塀を点検するのももちろんしてほしいけど、そういう手抜き工事したところを厳罰化するとか、もっとそこら中の通学路に見えるように監視カメラ置くとか、通学路の安全のための予算をもっと割いて、災害の被害や痛ましい事件を避けるために出来たことはたくさんあるんじゃないかなと思う。



書類改ざん記憶にないとか、やじの飛ばしあいとか、責任のなすり合いとかさ。


ほんま、しょーもない。


これからの日本の未来を背負う子どもたちを守らずにどーすんだよ!!



なんとか、これ以上おおきな地震が起きずに、被害が広がらないことを祈るばかりです。

エッグベネディクトとやら

2018年05月22日(火)

カテゴリ:●いろいろ日記



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



そういえば、先日、ちょっと用事で名古屋に行ったのですが・・・



友達と入ったカフェ(?)で、はじめて食べました。



エッグベネディクトとやらを。
2018_04_26_SG (4)



たぶん、これ、流行ってたんですよね?

ちょっと前に。

いや、だいぶ前か?



知らんけども。



んー、まぁ、タマゴのってるな・・って感じ。


なんか、どこぞかのインスタ映えするアイス?とか、生クリームたっぷりのパンケーキ?とかさ、すごい話題になって、すぐに大行列。


SNSに自撮りとともにアップされて、「いいな~♡」「いきた~い♡」「おいしそ~♡」という、ザ・女子なコメントが並ぶ。


それはそれで、なんというか、流行に敏感な人にとってはコミュニケーションの一部(?)だと思うし、ビジネスの一部でもあると思うし、全然いいんです。



ただ、私は、そういうの、ムリだわ・・・(笑)


そして、「類は友を呼ぶ」なんでしょうね。



一緒に食べていた他の2人もエッグベネディクトに感動するカケラもなく、食べ物の写メもとらず、自撮りももちろん撮らない。


エッグベネディクトより、すぐ横に集まって、ミーティングらしきことをしていた謎の団体が気になって仕方がない件。


ちょこちょこ聞こえてくる、その団体の「キーワード」が気になってエッグベネディクトとかどうでもいい(笑)


いや~、それにしても、いろいろなグループ・団体があるもんですね。


でも、SGやおうち英語仲間も、周りからみたら、きっと変人の集まりなんでしょうね。



ま、いいや。


私はたぶん(?)変人だし、それでいいと思ってる。


フツーじゃおもしろくないもん。

久々にものすごいテンションがあがった事

2018年05月02日(水)

カテゴリ:●いろいろ日記



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ


毎年、父の故郷である松山に帰省する我が家。



毎年、道後温泉のところのホテルに泊まるのですが、そのホテルのすぐ近くに、ジブリのお店があります。


ここ数年、そこで写真を撮るのが恒例化している我が家。
2017_6_3 (6)



トトロのバス停は「道後温泉行」


もちろん、トトロは子どもたちも大好き。


んー、でも、その辺でもトトログッズはよく売ってるし、グッズを敢えてそこで買うほどでもなく。





で、つい先日、用事で名古屋に行ったのですが・・・・・


なんとそこにもジブリのお店が!


同じ、トトロ&ベンチがある!


しかも、バス停の行き先が違うやん!


おっきなネコバスもある!
2018_04_26_SG (2)



と、多少テンションの上がった私。



他にもジブリのお店があるのかな~?
(どうやら私が知らなかっただけで、全国にいっぱいある模様(笑))


そしたら、それぞれのバス停の名称が違いそうでおもしろいな~とおもいながら、ふと、店内に目をやると・・・・



え!?!?



なんと!!!!!!



うそーーーーーーーん!!!!!




「パンダコパンダ」のグッズ売り場があるやんか!!!!!!!!!!



まじで!?



「パンダコパンダ」のグッズ売ってるの、初めて見た!!!!!!!



やばいやばい、かわいすぎ!!!!!!!



と、ここ最近、稀に見るほどテンションあがった(笑)


「え?これ、有名なん?」と一緒にいた友達との温度差よwww




「パンダコパンダ」、知ってますか???

まぁ、ジブリの中では、相当マイナーな短編(?)映画で、存在を知らない人も多いらしく。



実は、私ももちろんしらなかったんですが、ジョージが幼稚園の頃、幼稚園で見たらしく、そこから大好きで。


そのころは、ジョージも説明どころか、ほとんど「会話」ができなかったので、突然キャラクターの名前を言ったり、セリフを言ったり、歌をうたったりするものの、それが「パンダコパンダ」という映画のものだということを先生を通じて知ったのは数年後・・・。



DVDも本もゲットし、我が家の中では、「トトロ」「パンダコパンダ」がジブリの代表作的ポジションなのです。



だけど、「パンダコパンダ」はマイナーなだけあって、グッズを置いている店はほとんどない。



グッズ売り場を目の前にして、あまりにもテンションあがりすぎて、あれもこれも買いたかったけど、一つだけ。


毎日使えそうな水筒にしました^^




帰宅すると、案の定、子どもたち大興奮!


長女リリ:「え!パンダコパンダやん!かわいー!!」


長男ジョージ:「え!パンダコパンダだ!パンちゃんかわいぃ~。ぼくはパンちゃんが大好きなのよぉ~」


次女ジャスミン:「え!かわいい!!これ、私のだよね!?」
(←こういうとこで、性格がでる)


子どもたちで話し合って、日替わりでそれぞれが学校に持って行くことに。

トップバッターは、じゃんけんで買ったジャスミン。

次の日はジョージ。(中1男子がパンダの水筒持って行っていいのだろうか。。。?)

その次はリリが嬉しそうに学校に持って行きました。



子どもたちが持って行くのに飽きたら、私が使おうと思います(笑)

ついにリモコンを!!

2018年01月10日(水)

カテゴリ:●いろいろ日記



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



10年以上前のテレビを使っている我が家。




液晶の一部に黒い線が・・・・


ま、気にしない、気にしない。




ん??リモコンでテレビの電源が消せなくなったな・・・・


ま、テレビのボタンを押して消せばいっか!





あれ、、リモコンで音量を大きくできない・・・・・・・

ま、これもテレビのボタンでやればいっか!!




あ・・・・・あれ、音声切り替えができない・・・・・・・・


テレビ自体に「音声切り替え」ボタンがない・・・・・・・



 「ボタンをとても強く押してもな、英語をしゃべらないのよ。」



といいながら、愛する「おさるのジョージ」を日本語で観るジョージ。



チャンネルがたいして切り替わらないとか、音量変えにくいとか、そういうのはなんとかサバイバルできたけど・・・・・・



音声切り替えできないのは・・・・・・・



死活問題!!!!!




面倒で後回しにしてきましたが、ようやくリモコン新調しました。


やはり、私みたいな面倒くさがり人間は、ギリギリまで追い詰められないと動かないもんだな。



買ったのはこのマルチリモコン




10年前のテレビでも問題なくつかえて、超快適。


「Wow~!リサ!!リモコンでちゃんと音量が変わるなんてステキだね!!!!」
と、ダンナも大喜び。

小さな喜びやな~(笑)



 「ほらなっ!ちゃーんと英語でしゃべるのよ。」
と、ジョージも大喜び(?)

ね、英語しゃべってもらわないと困りますからね。



「あたらしいリモコンは、ちゃんとボタンがおせるね!!」
と、ジャスミンも大喜び。

ね、まぁ、それが普通なんですけどね。



長女リリは・・・・

「もっと早く買ったらよかったやん(笑)」


はい、ごもっとも。


もっと早く買っときゃよかった(笑)


====
☆お知らせ☆
「出張東京SG」:1/11(木)夜8時~ 予約スタートです

詳細はこちら
====

親戚が集まる日=ゲームの日?

2018年01月05日(金)

カテゴリ:●いろいろ日記



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



年末年始、帰省したり、親戚で集まったりしたご家庭も多いのではないでしょうか?


私も、昔はお正月に親戚があつまるのをとっても心待ちにしていました。


普段、あまり会ったり話したりできないイトコたちと会えて、一緒にごはんたべて、しゃべって、遊んで。


学校の友達とも、近所の友達ともまた違うイトコたちと遊べる日は、特に一人っ子だった私にとって、本当に楽しみな日でした。



だからこそ!!


最近の親戚の集まりの子どもたちの様子をみていると、残念でならないんですよね・・・。



まずはこちらのブログ参照。
遊び続けられない子ども達


私はゲーム大好きなので、ゲームに対して全面反対ではないですよ。


でも・・・・



簡単に持ち運びできて、一人ひとり好きなゲームができる携帯ゲーム機。

観たいものがいつでも見れるスマホ。



そりゃ~楽しいでしょうね。



親戚が集まる日は、昔の私と同様、うちの子どもたちもすっごく楽しみにしてます。



でも、理由は昔の私とは違う。


それは、「親戚が集まる日=ゲームができる日」だから。


親戚に会えるのが楽しみなんじゃなくて、ゲームができるのが楽しみってなっちゃってる。


普段ゲームをほぼしないうちの子たちも、親戚が集まる日はゲーム機を渡してます。

だって、どうせみんなゲームしてて、兄弟以外に遊び相手はいないし、イトコのゲームをかしてほしいってなってしまうから。

イトコは子どもの数以上のゲーム機を持っているみたいで、いつもうちの子たちにも快く貸してくれるし、ゲームソフトも、すごい量をもってて、ある意味遊び放題でありがたい。


普段、うちはさせてないから、貸して、かして、になってしまうのがすごく申し訳ない。


それに、親戚が集まったとき、大人たちはいろんな話に花を咲かせてますが、おばあちゃんの家におもちゃがあるわけでもなく、子どもたちは、確かに、いつものようには遊べないかもしれませんね。


でもさ~、大人が輪になってしゃべってるときに、子どもたちが全員各自別々のゲームに没頭してるってどうよ。


ゲームしながら、おせちつまんで、またゲームに目をやって。


自宅でも、公園でも、親戚が集まってる家でも、ドバイでも、パリでも同じやん。


ってか、集まる必要ある?


からだだけそこにあれば、心はなくてもええのか?


こんな風にとらえる私は大げさなのか??



普段から好きなだけゲームさせておけば、こういう時、ゲームなしで過ごせるのかな~?

ん~、そんなことないと思うけどな~。

特にジョージは、絶対ゲームにハマるタイプだと思う。

でも、ただでさえコミュニケーションが苦手で言語理解力が低い彼が小さいころからゲームに没頭するのはどうなのかな?と思って、かなり制限してるんですが、どうなんでしょうね。


普段、ずっとしているからこそ、上の参照ブログに書いたように、ゲームなしでどう過ごしていいかわからないんじゃ?と思う。


子どもたちにはあまりゲームをさせてないから、1日くらいゲームをどっぷりするっていう事に関しては別に構わないんだけど・・・・・

親戚に会える楽しみより、ゲームができる楽しみ
イトコと同じ場所にいるのに、なにもシェアできていない

ってなってしまってるのが、かなりモヤモヤする。


でも、これは、各家庭でゲームなどに関する考え方が違うし、いとこの家庭がどうのというわけではなくて、うちの家庭でどう付き合っていくべきかっていうのを、考えないとな~と。


みんなで一緒にできるゲームを多少普段しておくとか、他にみんなでできるものをたくさん用意しておくとか、なんかそうやって、子どもたちがイトコと一緒に遊べる楽しみを持てるように、私も工夫しないとな。

====
☆お知らせ☆
「出張東京SG」:1/11(木)夜8時~ 予約スタートです

詳細はこちら
====

コメント

お問い合わせ


お気軽にどうぞ!!
カレンダー
イベントやレッスン
こちらをチェック!!

FC2プロフ
最新の記事
最新コメント
ランキング
検索フォーム
多読王国
長女リリの洋書多読記録を語数カウントできる「多読王国」でつけてみることにしました♪ 

今まで読んだ本もぼちぼち追加していこうと思います。

decoboko.jp