カテゴリ
おうち英語におススメ!
イチオシの「おうち英語」絵本や教材たち!!




リンク

2足のわらじ

2018年01月16日(火)

カテゴリ:●専門学校・接客英会話講師



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



6年くらい、某専門学校で講師をしているのですが、それもあと1年ちょいで終了予定。


なぜかというと、その専門学校が60年という歴史に幕を閉じることになったから。


やはり、どこでも、少子化の波には逆らえないんですかね・・・。




子どものころから、英語を使ったお仕事がしたいけど、「英語を教える」仕事や、「先生」という仕事には絶対つきたくないと何故か思っていた私。


ずーーーーっと接客業・サービス業に従事していて、「教育」関連は一切経験ナシなうえに、敢えて避けていた私。


それなのに、ひょんな事から始めたこの専門学校での「英語講師」という仕事。


でも、それが今のSGにつながる、本当に最初の最初のきっかけだったかも。


英語がほんとにほんとに落ちこぼれで苦手でアレルギー!!っていう子が、私の授業を受けて、「初めて英語の授業が楽しいと思えました。」と言ってくれたこと。


自分はどれだけがんばっても英語がムリな人だと思い込んでいた子が「私でもやれば英語が上達するってわかって、すごく嬉しかったです。」と言ってくれたこと。


「先生」になるつもりが一切なかった私には、そういう事を思ってくれる生徒を持つっていう事をイメージしたことがなくて、驚きつつも、「あ~、そういう風に人の役に立つという方法もあるんだな。」と体験したことが、今、まさにやっている事につながっていると思う。




専門学校の非常勤講師&SGという2足のわらじも、あとちょっと。


(って、本当はもうちょいわらじ履いてますけど!)



毎回、あまりにも流行りの芸能人などを知らなさすぎて笑われてますが、授業が終わると、ハタチ前後の子たちと関わることもぐんと少なくなりそうだな~。


それはそれで寂しいな。


残りの授業をせいいっぱいがんばろう。

新年度の授業。絶対最初が肝心!!

2017年04月14日(金)

カテゴリ:●専門学校・接客英会話講師



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



現在、仕事の大部分はSG関係が占めてますが、そのほかの仕事もちょいちょいやってます。


そのうちの一つが、年間20回ほどですが、某専門学校にて接客英会話を教えてます。


もうこの仕事はじめて5、6年になるのかな??



先日、新年度最初の授業がありました。



ん~、ドキドキしちゃう!!




・・・・なんて緊張することはあまりない私^^;



この仕事をはじめて一番最初の授業はさすがに緊張しましたが、もはや今は、「さ!今年はどんな学生が集まるのかな!?」って楽しみでしかたない。


専門学校って、いろんな子が集まってるのでほんと楽しい。


それに、普段は「パパ・ママ」や「子ども」がほとんどなので、ハタチ前後の若者たち(っていう言い方する事自体、オバサンだよね・・・)と話すのが新鮮でもあり、彼らからもいろんなことを学べてありがたいです。




ところで、最初の授業はめちゃ大事!!



ここで彼らの授業を受け持つ2年間の授業の雰囲気の方向性が決まると思ってます。



えーー、英会話~?


英語好きじゃないし~


まぁ、テキトーに授業受けてればいっか!


ちょこっとスマホ触ってみてもいっか!


うとうと寝ちゃってもいっか!!





・・・・・・っていうのは、私は許さんっていうのを植え付けるためには、最初が肝心(笑)



でも、ダメって言われるから授業中寝ないんじゃなくて、寝てしまうことのない授業を提供することがまずは当たり前の前提ですしね。



限られた授業数で、英語はもちろん・将来の仕事・今後の人生の、いかにすべての面にとって有益な授業ができるか。



まだまだな私だけど、よりよい授業を目指して、日々精進!!


今年度も、がんばりたいと思います




って、も~、ほんと、何回も言いますけど、私、ちゃんとまじめに先生もやってますからね!!(笑)


しょーもないネタ的ブログと、しょーもないコメント・駄スレだけじゃないですよ~!!


テスト終了!

2017年03月09日(木)

カテゴリ:●専門学校・接客英会話講師



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ




たまーに記事に書いてますが、もう6年?ほど、とある専門学校で、講師をしています。


英語の専門学校ではないのですが、そこでは、接客英語の授業をやってます。


普段は、親子がメインだけど、ハタチ前後の子たちとの授業は、これまた違った楽しさがあり、学ぶこともたくさん。




先日、年度末最後の授業がありました。



最後の授業は、テスト。



といっても、ペーパーテストはせずに、口頭だけ。



普段の授業も、とにかく口から接客英語に必要な最低限のフレーズが出てくるように練習します。



そうすると、いつのまにか、覚えてる。



というか、口が覚えてる、



普通、テストって、習ったことを覚えてるかどうかを見るためですよね。



でも、私の中で、専門学校でのテストの立ち位置はちょっと違うんですよね。



英語の専門学校ではないので、生徒たちは、どちらかというと、英語の脱落組が多いんです。



英語好きっていう子もいるし、得意って子もいる。でも、その一方で、大嫌い、超苦手、全くわかんないって子もたくさん。




そんな子たちが、


「私も、実は頑張れば英語ができるようになるかも!」


「私でも、英語が上達してる!」


「もっと、がんばってみたい!」



って、実感できるようにすること。



それが、専門学校では、口頭テストという形に見せかけた、私の中でのテストの本当の目的。




一人一人の口頭テストのときに、テストらしからぬ内容のことも話すんですが、実はそれがメイン。



一人一人の個性に合わせて、アドバイスしたり、褒めたり、勇気付けたり。



あと、ちいさなことでもいいから、その子が光るところを、探して認めてあげる、っていうのもウエイトとしては大きいかな?




時間かかるんですけど、テストが終わった後に、パァっと顔が明るくなって、私も英語できる!うん!他のこともがんばろう!っていう気持ちになってテストを終えて欲しい。



20回やそこらの授業を2年うけただけでは、正直、たいして英語は上達しないけど、先につづく、もっと大事な事が、私の専門学校での役割だと思ってる。




そして、今、記事を書いてて、つくづく思った。



SGで私が会員さんにしてあげたいと思ってやってるサポート(主にママに向けてのサポートね)と、全く一緒だという事に(笑)


結局、専門学校でも、動画配信や、交流ページなど通して私が常に念頭においてやってる事と同じことやってる!



でも、やっぱり、私は、そういう形でサポートをするのが好き!



それと同時に、人もすき!




また来年度の授業もがんばろう!!

「教える」だけではダメだよね

2016年07月14日(木)

カテゴリ:●専門学校・接客英会話講師



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ


先日は専門学校で接客英語の授業でした〜。


いつも書いているように、英語関係の専門学校ではないので、英語を学びたくて学校に来ているわけではなく、どちらかというと、中学から6年間かけて、立派な英語嫌い、英語拒否に陥った子たちがクラスにいっぱいσ(^_^;)


「話せるようになりたい!」って子たちもいますが、「英語なんか習わんでいいやん!」っていう子も。


でも、どんな子たちでもみんな、約35回の授業で接客英語フレーズが必要なときに必要なフレーズを実際に言えるようにする。


それは、最低限の目標。


生徒たちが授業を受けるのはほんの2年間。その間に学べることには限りがある。


だからこそ…


英語、好き!と思えていること。


私ももっとがんばって練習すればもっと英語ができるようになる!と自信を持っていること。


さらに必要なフレーズや単語を学び続けるモチベーションがついていること。



この3つの状態で卒業できることを見据えて専門学校では授業をしています。



そのためには、もちろん色々なことを、色々な方法で「教える」ことが大事。


でも、もっと大事なことは、その子それぞれに合わせて「サポート」すること。


一斉授業だし、クラスの担任を持っているわけでもない。


授業の時間以外は全く関わりがない生徒たちを、いかに効率良くサポートするか。



うーん、やっぱり、よく見ることなんですね。


ちょっとした行動や、ちょっとした言葉。


練習する時の態度や、雑談のときの反応。



私は授業中に、必ず全員と個別音読練習をするのですが、練習が終わって、次の子に行くまでのほんの数秒。その時が「個別サポート」の勝負だと思ってます(笑)


最低限の目標によりはやく、よりうまく到達できるように英語の面で、それぞれの子たちに合わせたアドバイス。


そして、卒業後に続く3つの目標に近づくための一言。


今年も、子どもたちをよーーーくみて、今年度、残り半分の授業をやって行きたいと思います^_^



と、一応、マジメに先生もしてますよん(笑)

授業アンケートの結果

2015年12月10日(木)

カテゴリ:●専門学校・接客英会話講師



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ

**********
【募集中】「ママの為の英語レッスン+英語クリスマスクッキング」♪
12月14日(月)おうちカフェ@右京区にて。詳細はコチラ!

**********

某専門学校で英会話の授業を担当している私。


英語の専門学校ではなく、ファッションの専門学校なので、「接客英語」を教えるのですが・・・。


以前もちょこちょこ記事で書いたように、生徒たちはなかなかのツワモノ


英語が得意!という子たちもたまにいますが、大抵は英語はだいっきらい!英語はちんぷんかんぷん!!タイプ


2年間で授業があるのはせいぜい40回程度。

その40回やそこらでいかに必要な接客英語フレーズを即戦力として使えるようにするか。



先日、2年生の最後の英会話の授業でした。

学校内では授業アンケートを取ってるみたいなんですが、非常勤講師は見ることがないんですよね~。

なので、学生たちが授業に対してどう思っていたのか、もっと勉強したかったところ、改善点などの情報を得るべく、はじめて授業アンケートをとってみました


正直に書いてもらえるように、名前はかかなくてオッケーと。


結構、寝てる子は無理やりたたき起こして、立ってするアクティビティとか毎回やってたので、実は、もっとこうしたかった、こんな風にやるのが嫌だったとか、あるかなって思ってたんです。



結果、思った以上に嬉しい事を書いてくれていたアンケートがほとんどでした


改善点としては2点。

「もっと発音を詳しくしたかった。」

なるほど・・。来年はもうちょっと発音も盛り込もうかな??

「もっとスラングを聞きたかった。」

スラングね・・・んー、少なくとも接客英語が完璧にできてからの方がいい気がしないでもないが・・・・


授業の感想などはだいたいこんな感じ。



 「英会話の授業がこんなに楽しいとは思わなかった!」

 「習ったフレーズを実際に研修で使う場面がたくさんあった。」

 「いつの間にかスラスラフレーズが出てきて自分でもびっくりした。」

 「ニュースをちゃんと見るようになった。」

 「中高と違い、体感型で新鮮でした。」

 「毎回、英会話の授業が楽しみでした。」

 「常にわかりやすく、楽しい授業でした。」

 「先生がしてくれた色々な話が面白くて、でも為になる事ばかりで楽しかった。」

 「良い点しかないので、改善点はなし!」



ママ向けレッスンでもそうなんですが、中高6年間かけて、英語の苦手意識を培った人は、とにかく「英語」と聞くだけで「いやぁーー」というアレルギーな人が多いです。


でも、レッスンしてると「英語のレッスンがこんなに楽しいなんて!」って言ってくれるママ達がほとんど。


苦い思い出のある英語でも楽しく学ぶ事できるはず!


さ、来年度もがんばるぞぉ~!!!

コメント

お問い合わせ


お気軽にどうぞ!!
カレンダー
イベントやレッスン
こちらをチェック!!

FC2プロフ
最新の記事
最新コメント
ランキング
検索フォーム
多読王国
長女リリの洋書多読記録を語数カウントできる「多読王国」でつけてみることにしました♪ 

今まで読んだ本もぼちぼち追加していこうと思います。

decoboko.jp