カテゴリ
おうち英語におススメ!
イチオシの「おうち英語」絵本や教材たち!!




リンク

なんでできないの?

2017年06月09日(金)

カテゴリ:発達障害・アレルギー



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



子どもを育ててると、「なんでこんな事ができないの?」って思う事、ありませんか?



他の子はみんなできてるのに、なんでうちの子はこれができないの?



こういうところは出来てるのに、なんでここの部分はできないの?



がんばればできるはずなのに。




====



小6になるジョージは、普段の授業にほぼついていけてません。




どうしても、理解力、とくに言語的理解力が低くて、語彙力、国語力は壊滅的だし、概念的なものの把握が難しい。





例えば、算数も、2年生くらいまでの内容は具体的な数で考えるし、図形に関することなどは、目に見えるので、把握しやすいんですよね。



でも、小数点とか、平均とか、そういうものの定義が理解できない。





ただ、平均は出てきた数字を全部足して、足した数で割るんだよ、みたいに、こうやって解くんだよっていうパターンは、基礎の基礎のものなら覚えて対処できるんです。



ただ、理由がわかってやってるわけではないので、1つでも違うパターンが出てくると、もうお手上げ。




公立小学校の、あの簡単な白いテストは、まぁ、10点〜40点くらいが普通かな〜?



60点だと、おお!!すごいね!となるくらい。





最近、小6のジョージに聞かれることがある。




「マミー、どうして、ぼくは、100点が取れないんか?」



「マミー、ぼくはな、100点が取りたかったのよ…。」





成績表をもらってきた日。



「マミー、ぼくはな、どうして『よくできる』のところに○がないのかなぁ?」



「ぼくはな、『よくできる』があったらな、いいなぁ〜っと思ってたのに…」




「なんで、ぼくはできないの?」と聞かれる事が増えたなぁ。





んー、昔の私だったら、きっと、「なんで、それくらいの事ができないの?」って思ったり、「もっとがんばりなさい」って子どもに言ってたと思う。




でも、「なんでできないの?」って親から聞かれても困るよね。



「なんでうまくできないんだろう?」って、子ども自身だって困ってるんだから。


それに、親が「こんなこと」ってちっぽけに思う事が、子どもにとったらすごく大きな壁でチャレンジなのかもしれない。



だから、私は「どうしてできないの?」じゃなくて、「どうやったらできるようになるかな?」って常に考える。


かといって、いつもそれがうまくいわけでもなくて、こうやったらできるようになるかな?と思ってやってみても、全くもって変化しないこともあるしね・・・・(笑)



でも、「どうしてできないのよ!」って思うヒマがあったら、「どうやったらできるようになるかな?」って考える方に時間を割く方がいいな~と思って^^



「なんでできないのよ!」ってついついイライラしちゃうママは、ぜひ、「何をしたらできるようになるのかな?」って考えてみてほしいなと思います。

修学旅行~!-1-

2017年05月22日(月)

カテゴリ:育児日記(ジョージ)



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



小6になった我が家のジョージ。


小4は「みさきの家」へ、2泊3日。


→ジョージのいない夜 *この記事、ウケる!と、みんなからやたらと好評でしたw


→ジョージ、みさきの家から帰宅


小5は「山の家」へ3泊4日。

→ジョージ、宿泊合宿に行く



「お泊りが長すぎるのよぉ~。ぼくはな、とっても心配してしまうんだよ・・・・。」


と、ずっと言っていたジョージも、修学旅行の前はウキウキ!


なぜかというと・・・


修学旅行は、たった1泊2日だから。


どうやら、小5の宿泊合宿が一番のメインで先生方も力が入ってる感じで、小6の修学旅行は、かなりサクっと感が否めません(笑)



ま、別にいいんです。



「1日だけなんだねぇ!?それは、とってもいい!


ぼくはな、1日だけだったらな、心配しないからな!


マミーもな、心配しない・の・かっ!?」




はいはい、マミーは、まったく心配しておりませんよ。(5,6泊行ってきてくれてもいいくらいですよ。)



小4のときは、とにかく、お泊りに行くという事で頭が半分パニックだったジョージ。


小6になって、ずいぶん他のことも成長したなと思える今日この頃。


修学旅行に関することを家でいろいろお話してくれました。


いや~、「お泊りは長すぎて心配してしまうんだよ」以外の事を話してくれるなんて、ほんと成長した!!


 「えっとな、ぼくはな、○○君と同じ班なのよ。」


 「ヒロシマに行くのよ。折り鶴を作ってな、どうぞって、もらうのよ。」
*ジョージは、「もらう」と「あげる」、「する」と「される」などを混同します。


 「しおりをちゃーんと見てな。持ち物を準備するのよ。」



す、すごい!

修学旅行に行く、という事実以外のこともいろいろ把握してる!!!


そして、ジョージが特に気になっているポイントはコチラ。


 「ナップサックがいるのよ!!!小さいナップサックや!!


ナップサックはあるか!?ナップサックがないとな、ものが入らないのよ!!!」



 心配するな。「ナップサック」は家に売るほどある。




 「小さいオサイフがいるのよ。大きいのは、ダメです。


小さくないとな、ナップサックにはいらないのよ。お金をちゃーんと入れてな、ナップサックに入れるのよ。」



 心配するな。ナップサックに入らないようなデカい財布なんかない。





 「サンゼンゴヒャク円なのよ。サンゼンゴヒャク円をちょうだいな!


サンゼンゴヒャク円を小さいオサイフにちゃーんと入れてな、お買い物をするからな。


みんなにプレゼントを買うんだって。そしたらな、マミーもジャスミンもみんな嬉しくなるな?


サンゼンゴヒャク円がなかったらな、ぼくは、お買い物ができないのよぉ~。」






 心配するな。それより、そのお金をどこかで落としたりしないでくれ。




もちろん、他のお子さんと比べたら、小6でこんなレベルの会話なんてありえないと思いますけど、我が家では幼稚園や小学校低学年くらいの時期では考えられなかった高度な親子の会話(笑)


こんな会話ができるようになったなんて、ほんと感動!


ずいぶん、しっかりしてきたジョージ。


小4、小5と記事にもちょこっと書いたように、まったく自分で準備なんかできなかったジョージですが・・・・

今年は、はじめて、自分で用意をさせてみようか・・・・!?


つづく。



中学受験はやめておこう。

2017年05月12日(金)

カテゴリ:育児日記(ジョージ)



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



1年半ほど前、ジョージがまだ小学校4年生だったころ書いた記事がこちら。


「支援が必要な子こそ中学受験?」


親子英語カテでは、すごくできるお子さんの受験の話が多い(のかな??)ので、全然次元の違う受験の話で申し訳ないんですが・・・。




長男ジョージのお受験、ほんとにギリギリまで悩んだんですけどね・・・。



やっぱり手厚いのは私立だよ。

私立は小テストとかがいっぱいあって、いつも勉強がんばらないと。

内申点とりやすい学校がいいよ。

部活が充実してるのは私立だよ。



もちろん、私立、公立だけでくくっているわけではなくて、実際には、あの学校、この学校っていう話も多いのですが、とりあえず、いろんな友達と話せば話すほど、当たり前だけど、一長一短。


毎回おもうけど、ほんとおうち英語と一緒。


いろんな体験談があって、いろんなカリキュラムがあって、いろんな意見がある。


でも、結局決めるのは自分だし、たくさんの情報の中から、自分の子どもに一番あうと思うものを選ぶしかない。



で、結局、うちは長男ジョージに関しては、中学受験はしないことにしました。



中学受験をやめた一番の理由は・・・・


がんばってもがんばっても、たぶん人並にさえ難しいだろうと思われる、いわゆる「勉強」に必死に時間をかけるのではなく、得意な事や伸ばせるところにもっとゆとりをもって取り組める時間をあげたい。


そして、「勉強」の部分は、最低限のところだけ、彼のペースでしっかり学べるような形にしたい。


なので、現在のところ、地元の中学校に進み、支援学級に在籍することを検討しています。


小学校の間に、支援学級に移動するか、中学を機に移動するか、それとも、中2などまで待つか。



その辺は、まだまだ考え中ですが、ジョージにとってベストなチョイスができますように・・・・。


小6の奇跡!(ブログバージョン) -後編-

2017年04月30日(日)

カテゴリ:育児日記(ジョージ)



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ


>小6の奇跡!(ブログバージョン)-1-はこちら


さてさて、そんなこんなで、なかなか大変な小学校生活でしたが、思ったよりもたくさんのことを学び、いろいろな面での成長も見えました。



ところで、小5から小6になる春休み、お引越しをした我が家。




「はぁぁぁ、あたらしいおうちに行くんだねぇ~?

はぁぁぁ、ぼくは、とってもうれしいのよ~。 あたらしいおうちでな、お絵かきをいっぱいするんだねぇ?」




 (わざわざ新しい家でなくても、、お絵かきは明らかにどの家ででもできるけどな)


ウキウキするわりには、なにも引っ越しの準備をしないジョージを横目に、ジョージの棚の中身を出したところ・・・・



出てくる、でてくる。



絶対いらんやろ!!というものばかりが、芋づる式に出てくる。



・・・・ヒドすぎる(笑)
2017_4_29_blog (2)



学年末なのに、6月くらいのプリントなどが山のようにありました



もうすぐ6年になるのに大丈夫かしら・・・・^^;



そして、6年になった初日。



帰宅したジョージはとっても嬉しそうに教えてくれました。


「ぼくはな、6年〇組〇番なのよ~!! 


えっとな、先生はな、ちょっと5年とな、同じなのよ。」



なんと!!!


始業式の日に、自分のクラス・出席番号・担任の先生がすべて把握できてる!!!


成長したのぉ~




そして・・・・・



新学年が始まってすぐぐらいに家庭訪問がありますよね。

夏休み前に面談とか。



今までなら、たいがい、懇談当日まで持って帰ってこずに、


<パターン1>

事前に先生から電話をいただいた時や、ばったりお会いした時に「あ、では、後日懇談にて・・・」と言われ


「へ!?懇談!?いつですかっ!?」のパターン


<パターン2>

先生から電話で「あの・・・・今日、面談ですが・・・・・??」

「へ!?今日懇談だったんですか!?」のパターン


*日付把握が致命的な私。

事前に日時がわかっていても、私自身が完全に懇談の日付を間違えていたり、懇談自体を忘れてることもありますが・・・・




それが、小6になってはじめての家庭訪問の希望日を書き込む紙をちゃんと期限内に持って帰ってきて私に渡してくれたんです。


それだけでも、ジョージにしたら、すごい事(笑)


しかも、日時を書き込んでジョージに託した紙を持参させた当日に提出(したらしい)。


さらに、後日、先生が決まった日時を書き込んで返してくださった紙を、なんとその日に私に渡してくれたという!!!!
2017_4_29_blog (1)



今までならあり得ない!



ちょっと変わった行動をする息子。


冷蔵庫あけたら、自作したタケコプターが置いてあったり・・・・
2017_4_28_blog (2)



ひたすらブロックでドミノを作ったり・・・
2017_4_28_blog (4)



朝5時前からお絵かきしてたり・・・・・
2017_4_28_blog (3)
(スティッチ試作品たちの世界:ジョージ画)



ヒマさえあればお絵かきしてたり・・・・・
2017_4_28_blog (1)
(ポケモンボール製作工場:ジョージ画)



数種類のものしか食べなかったりするし、質問にちゃんと答えずに自分の言いたいことばっかりしゃべってしまったり、ちょっと「普通」じゃない息子だけど、いや~、成長したな~。



ゆっくりだけど、その分、出来るようになった事、ひとつひとつがとても嬉しい!!


おうち英語ブログや知育系ブログでみるような、そろばん、くもんや漢字、多読、英検、算数やらのお勉強はもちろん、空手にスイミング、ピアノなどなどなんか、潔いほど、さーーーーーーーっぱりなジョージ(笑)


だけどね、彼には彼の、ほかの人ががんばってもマネできないような、すっごくいいところがある。


それは、もしかしたら「英検〇級なんてすごいね!」「多読〇万語とかすごいね!」って、周りからすごいね!って言われにくい事かもしれない。


親としたら、きっと、そういう周りからの「すごいね!!」っていうのがほしいのが当たり前なのかもしれない。



だけど、私は、ジョージのすごくいいところが、「周りのすごいね!」に惑わされて消えてしまわないようにしてあげたいな。



小6の奇跡!(ブログバージョン) -前編-

2017年04月28日(金)

カテゴリ:育児日記(ジョージ)



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



FBの個人アカウントにはちょこっとアップしたので知ってる友達もいるかと思いますが、やっぱりブログの方が長い文章を書きやすいし、写真も必要な場所に入れられるから、書きやすいな~。

ということで、ブログにて長編バージョンでいってみよー(笑)

====

ちょっと理解力が年齢相応よりも低い、我が家の長男ジョージ


支援学級には入っていませんが、普通学級に在籍しつつ、週に1時間だけ通級に通っています。

通級では、支援の先生と一緒にその子にとって必要な事をその子に合わせてやってくださるというありがたいシステム。



ジョージは、一言作文の練習や、生活上のルールなどについての勉強だったり、聞き取り、算数、言葉の練習、会話の練習など、いろんなことをしているようです。


通級の先生は、どんなことをしたのかとか、今回の狙いなどを、わざわざ毎時間、書面に書いてくださいます。


なのに、「いろんなことをしているようです」と、ハッキリわからないのは・・・


その通級の先生からの紙が毎回行方不明・・・・・


何をどうしたら、それだけ物がなくせるんですか、というほど、ものをなくすジョージ。


消しゴムのストックは10個まとめ買いが基本。


分度器、三角定規、コンパスなんて、何度買いなおしたか、わからない。


筆箱の中身は、朝にあった状態で帰宅したことなんてないし、筆箱をあけたら空っぽなんてこともよくある。


なのに、ランドセルの中から鉛筆がポロンと落ちてきたりね(笑)


保護者会でジョージの机に座って引き出しをみると、ぐちゃぐちゃになったプリントの山・山・山。


教科書やノート・ドリルの四隅はなぜかむしらないと気が済まないみたいで、四角の角を保っている本はほぼない






小学校2年生に進級した日。


帰宅したジョージに「何組になったの?」と聞いたんですよね。


 「え・・・・えっとな・・・・ちょっと・・・ワカラナイ・・・・・」


結局、自分が2年生であることも、クラスも、出席番号も、担任の先生も、把握できず


もちろん、少し経った頃に少しずつ覚えていきましたが、通級の先生のお名前は1年たってもまったく覚えてなかったという・・・・^^;



そんなジョージも、なんと早いもので、6年生になりました。



つづく。

後編の記事はコチラ

コメント

お問い合わせ


お気軽にどうぞ!!
カレンダー
イベントやレッスン
こちらをチェック!!

FC2プロフ
最新の記事
最新コメント
ランキング
検索フォーム
多読王国
長女リリの洋書多読記録を語数カウントできる「多読王国」でつけてみることにしました♪ 

今まで読んだ本もぼちぼち追加していこうと思います。

decoboko.jp