カテゴリ
おうち英語におススメ!
イチオシの「おうち英語」絵本や教材たち!!




リンク

出張愛知SG アート本編-2-

2017年04月10日(月)

カテゴリ:英語関連イベントにおでかけ



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ

>「前ノリ編」

>>「アートイベント本編-1-」

>>>出張愛知SG アート本編-完-


本家の「おうち英語ひろばin愛知」のブログレポ

======

さて、お次はメインのアート!


愛知でアート担当といえば、きーぴーですね。




今回は、木材をつかってランプシェードを作るというもの。



たくさんの木材の端材を用意してくださってて。


真ん中に100均のライトを入れるスペースを作って~。



ひたすら、好きなように積み上げてタワーを作り、ボンドでつけます。
2017_4_1_SG (5)



うまく積まないと崩れちゃうんですが、みんな結構上手に積んでましたよ~。



小さい子は、タワーよりも、もはや積み木遊び状態?(笑)
2017_4_1_SG (6)



でも、集中しながら、小さい手で、小さい積み木をどんどんのせていく姿は、本当にかわいかったです!




みんながアートをしている間、私はそれぞれの子どもたちのところを順番にぐるぐる。



アート制作のじゃまにならないように、その子たちの英語レベルに合わせて質問したり、お話したり。




なぜかというと、次にするShow and Tellにつながるように、導入のため。


英語がある程度自由に話せる子は、ポイントを絞って、さらに細かいところが話せるようにつっこんで質問。


基本的な英語ならなんとか・・という子は、定型文的に、でも、自分のオリジナルな事が言えるように誘導。


どうしても、人前では無理そうな子は、まだアート制作のざわつきがある間に、ママの前だけでShow and Tellしたり。



だいたいみんなが作り終わった後、ランプシェードのShow and Tellをしました~。



マッシュルームをモチーフにした子。


ケーキのおうちを作った子。


いろいろなボタン付きのおうちにした子。


ドアがなくて、ハシゴでよじ登って窓から入るお城を作った子。




同じ木材なのに、みんな本当に違うカタチ。


アートってそういう事なんですね。



「同じ材料だけど、出来上がりは違う。

みんな違って、みんないい。」




おうち英語も一緒だな~。


「同じ教材・やり方だけど、結果は違う。

みんな違って、みんないい。」




それぞれのイマジネーションを、おともだちに伝えたい!



その強い思いを持てて、その思いを、英語を使って、楽しく伝えられるようなShow and Tellにできたらな~と思いながら、お手伝いさせていただきました^^



ふふ、引き延ばし作戦、第2弾!!


次に続く~。

Related Entries

Comments

No title

先日はありがとう〜
というか引っ張りすぎやんw
こりゃあと1週間くらいかかるかしら笑

アートで全体の方の意識がいっていたので、個々のs&tに目を配れず残念w でもさすがSGやね。
どうしても発表とかって、さぁさみんなの前でいいなさーいとか、こう作ったでしょ!的オーラが親から発せられちゃうのが残念なんだけど。そんなことなく、まさにその子にキャッチして引き出してたのは神だったわーw

作ったものも、2回目以降聞くとストーリーが変わっていたり、その後も遊びを展開していくから、またその後もよかったら教えてね。

きーぴー>>

へへ、引っ張りまくりww

でも、もう全部レポ書いて3分割して予約投稿してあるから、次で完結やで~。


そうそう、発表ってね、「親の満足のため」になりがちなんよね。
親もついついその発表の出来で色々とはかっちゃう。

そうじゃなくて、子ども目線で、伝えたいこと、あふれる気持ちをいかに自分の中の英語で伝えられるようにするか。

練習して発表させるのは安心だけど、それじゃーおもしろくないよね。
導入はするけれど、ほぼぶっつけ本番だから、予想外の答えだらけだけど、だからこそ面白いし、だからこそ子どものほんとの気持ちがでてくるし、楽しかったわ~。


そうそう、京都に帰ってきてからも絵具で色を塗ったり、ランプシェードをおままごとに使ってたり、ぬいぐるみの家にしてたり、いろいろ遊んでたよ!

素敵なアートイベントをありがとう~!



お問い合わせ


お気軽にどうぞ!!
カレンダー
イベントやレッスン
こちらをチェック!!

FC2プロフ
最新の記事
最新コメント
ランキング
検索フォーム
多読王国
長女リリの洋書多読記録を語数カウントできる「多読王国」でつけてみることにしました♪ 

今まで読んだ本もぼちぼち追加していこうと思います。

decoboko.jp