カテゴリ
おうち英語におススメ!
イチオシの「おうち英語」絵本や教材たち!!




リンク

なんでできないの?

2017年06月09日(金)

カテゴリ:発達障害・アレルギー



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



子どもを育ててると、「なんでこんな事ができないの?」って思う事、ありませんか?



他の子はみんなできてるのに、なんでうちの子はこれができないの?



こういうところは出来てるのに、なんでここの部分はできないの?



がんばればできるはずなのに。




====



小6になるジョージは、普段の授業にほぼついていけてません。




どうしても、理解力、とくに言語的理解力が低くて、語彙力、国語力は壊滅的だし、概念的なものの把握が難しい。





例えば、算数も、2年生くらいまでの内容は具体的な数で考えるし、図形に関することなどは、目に見えるので、把握しやすいんですよね。



でも、小数点とか、平均とか、そういうものの定義が理解できない。





ただ、平均は出てきた数字を全部足して、足した数で割るんだよ、みたいに、こうやって解くんだよっていうパターンは、基礎の基礎のものなら覚えて対処できるんです。



ただ、理由がわかってやってるわけではないので、1つでも違うパターンが出てくると、もうお手上げ。




公立小学校の、あの簡単な白いテストは、まぁ、10点〜40点くらいが普通かな〜?



60点だと、おお!!すごいね!となるくらい。





最近、小6のジョージに聞かれることがある。




「マミー、どうして、ぼくは、100点が取れないんか?」



「マミー、ぼくはな、100点が取りたかったのよ…。」





成績表をもらってきた日。



「マミー、ぼくはな、どうして『よくできる』のところに○がないのかなぁ?」



「ぼくはな、『よくできる』があったらな、いいなぁ〜っと思ってたのに…」




「なんで、ぼくはできないの?」と聞かれる事が増えたなぁ。





んー、昔の私だったら、きっと、「なんで、それくらいの事ができないの?」って思ったり、「もっとがんばりなさい」って子どもに言ってたと思う。




でも、「なんでできないの?」って親から聞かれても困るよね。



「なんでうまくできないんだろう?」って、子ども自身だって困ってるんだから。


それに、親が「こんなこと」ってちっぽけに思う事が、子どもにとったらすごく大きな壁でチャレンジなのかもしれない。



だから、私は「どうしてできないの?」じゃなくて、「どうやったらできるようになるかな?」って常に考える。


かといって、いつもそれがうまくいわけでもなくて、こうやったらできるようになるかな?と思ってやってみても、全くもって変化しないこともあるしね・・・・(笑)



でも、「どうしてできないのよ!」って思うヒマがあったら、「どうやったらできるようになるかな?」って考える方に時間を割く方がいいな~と思って^^



「なんでできないのよ!」ってついついイライラしちゃうママは、ぜひ、「何をしたらできるようになるのかな?」って考えてみてほしいなと思います。

関連記事

コメント


お問い合わせ


お気軽にどうぞ!!
カレンダー
イベントやレッスン
こちらをチェック!!

FC2プロフ
最新の記事
最新コメント
ランキング
検索フォーム
多読王国
長女リリの洋書多読記録を語数カウントできる「多読王国」でつけてみることにしました♪ 

今まで読んだ本もぼちぼち追加していこうと思います。

decoboko.jp