カテゴリ
おうち英語におススメ!
イチオシの「おうち英語」絵本や教材たち!!




リンク

博多ランチ会、マジメなおうち英語的見解

2017年08月18日(金)

カテゴリ:英語関連イベントにおでかけ



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



博多ランチ会のレポ、読んでないなって方は、こちらのレポ①からどうぞ〜^ ^

究極のランチ会in博多①-研究会、テキトーすぎるだろ!-


====

博多ランチ会に参加してみて、いろいろみなさんとお話したうえでの、私の個人的な見解、特に気になった点や感想をまとめてみようと思います。



普段からおうち英語に取り組むいろんな親子と関わっていますが、関西圏が中心なので、九州のおうち英語組は、なんか違う傾向とかあるのかな??とか、なんか違うブームとかあるのかな??とか思ってたんですよね。



んーーー。




このご時世、みんなネットで情報収集するからでしょうね。



気になる教材も、取り組んでる内容も、悩みも、みごとに一緒でした(笑)



そして、私が気になったポイントももちろん一緒(笑)



だから、私が今から書く「気になりポイント」は、博多ランチ会参加者限定の事ではないですが、やっぱりここがなぁ…と個人的に思っていることです。




私の中での「気になりポイント」は大きく二つ。



まず、気になりポイント①は、「○○信仰」



以前、「プレイデートについて言いたいこと」っていう記事にも書いたんですが・・・



「プレイデート信仰」、なんとかならんのか!?



これは、常々思ってるんですけど




実は、気になっている「信仰」がもう一個あるんですよね。




それは・・・





「ペッパピッグ信仰



「2歳の子がペッパ英語で見てます~!」


「ペッパおもしろいからすごく好きで、いつも食いついて見てます~!」



「ペッパピッグがいいってブログで見たので子どもに英語で見せてます~!」








もう、だれもかれもが「ペッパ」を見てる。



ペッパだらけ。



いや、別に「ペッパピッグ」はすっごく面白いし、うちの子たちも大好きだし、全然見るのはオッケーなんです。




ただ。



「ブロガーさんイチ押しのペッパピッグ = 必ず自分の子にもいいインプット素材だろう。」という誤解。



ついでにもう一つ。



「子どもが喜んで観ている、もしくは、子どもが動画の中の単語やフレーズを言っている = 必ずインプットされている。」という誤解。




この辺の誤解が、ものすごーーーーーーーく気になる(笑)



インプットに関する誤解は、秘密ブログでも結構書いてあると思うんですけどね・・・・^^;



気になりポイント②は、やっぱり抜けてること。



これは、いつもいつも書いてる事なんですが・・・



「ノウハウや情報だけを求めていて、根本のところが抜けてる。」



たぶん、私のブログやSGの大事にしている事、秘密ブログなどを読んでる方なら、私が大事にしている根本のところが何なのかっていうのはわかっていただけるのではないかなと思いますが・・・・。



そこが抜けてたら、いくらすごいノウハウをもってきても、意味がないと思う。


みんな頭ではわかっているようでも、案外、指摘されないと気づかない部分だったりするんですよね。



そして、わかったと思っても、時がたつとすぐに忘れちゃうんです。



なので、会員ページなどでは、ことあるごとに、あらゆる方向からリマインドするようにしてます。


「そこがあってこそのおうち英語!」という、私には絶対に譲れない軸があるので、そこがズレる会員さんは徹底してシバきます(笑)



根本なところってなんだろう?と思ってる方は、この辺をさらっと読んでみてください。

個人面談でみえる、おうち英語がうまくいかない理由<後編>

SGにこういう人はいらない


ほんと、こういうところって大事だと思う!


====


ところで・・・・ランチ会に参加された方々は、小さいお子さんが多かったかな?


 「おうち英語したいな」と取り組みはじめたものの、漠然としすぎててわからない。

 とりあえずブログなどの情報に頼って、とりあえず取り組んでみてはいるものの、これであっているのかな?

 これからどうやっていけばいいのかな?



みたいな感じが多いかな?




私も「おうち英語の会」みたいなのをたまに開催しますが、「参加する」っていうだけで、すっごく悩む人も多いと思うし、実際に申し込んで、その場に乗り込むのは、とっても勇気がいりますよね。



それに、せっかくがんばって参加しても、特にお子さん連れの方は、やはり子どものお世話に忙しく、なかなかじっくり話もできないし、話し足りなかった!って人も多いと思います。



でも、こういう会って、たぶん何もかも情報を得るためとかじゃなくて、ちょっと世界を広げるために踏み出す一歩のキッカケなんじゃないかな?と思う。



だから、いろいろと聞けなくて残念!!とあまり悲観的にならずに、勇気をだして参加した自分を褒めてあげてほしいと思います。



すぐには何かに結びつかなくても、きっと何かが変わったはず。



おうち英語もそんな小さな一歩と変化の繰り返しだと思います。



今回のランチ会に参加したことで、みなさんが、自分たちと合う親子と交流を深めたり、情報交換をしたりできて


「末永く人として付き合える友だちを見つける」


とか、


「自分たちのおうち英語を見直す」


そんなきっかけの一つになればいいな!と願っています^^


博多でお会いした方々、本当にありがとうございました!



関連記事

コメント

わぁ〜やっぱすごいな。
りささん、ほんますごい!

違うわ〜、前日の夜とは全然違うw

「私、真面目やねんで!」
ってちょいちょい合間に挟んでたけど、
え?って思わせるような天然なところや、
ツッコミどころ満載の笑える話が楽し過ぎて
そっちのイメージばかりが大きく印象に残ってるという。笑

今度、絶対、京都行くから
韓国料理とタコス、それから美味しいパエリア食べさせて!!

Camay>>

私がすごいマジメにしてる人ってことがようやくわかってくれたのね!


前日の夜とは全然違うとか失礼やな(笑)

暴走してたのは私じゃないし~ww


うんうん、いつでも京都遊びにきてね!

韓国料理も、タコスも、なんぼでも食べさせたるわ!

でも・・・、残念ながら、スペイン料理は範疇外(笑)

パエリアにうるさいCamayの舌を満足させられないと思うから、京都のおいしいスペイン料理店をリサーチしとくわw



レベルの見極めって難しいですね

まさに、ペパピッグのことが一番ビックリなことでした!
確かに会話のスピードが早くて2歳には難しそうですね。

子どもが喜んで観ているからといってレベルがあってるとは限らないというのは分かるんですが、
「動画の中の単語やフレーズを言っている = 必ずインプットされている」というのも誤解なんですね\(◎o◎)/
フレーズをリピートできてたらもうレベルに合ってるだろうと思ってました。
そしたら、レベルをあげようとしたときは(まだまだ先のことかもしれませんが)どうやって判断したらいいんでしょう(*_*)
リサさんのブログにあった通り息子に選んでもらおうとしたら「カーズかトーマスがいい!」って言われます…
息子と向き合って成長を感じていけば自然にどんなレベルがいいか分かってくるのかな〜

たそみさん>>

そうですね。


おうち英語だと、親の視点だからこそ、どうしても「これだけ取り組んでいるんだから、これくらいわかっててほしい」っていう希望的観点もはいりやすいですしね~。

「フレーズをリピートできている=レベルが合っている」だとしたら・・・・

例えば、時代劇にでてくる決め台詞「この印籠が目に入らぬか~!」を覚えてしまった子どもは、水戸黄門がレベルにあってますかね??(最近のドラマの決め台詞がわからなくて、変な例えですいません^^;)


それがわかれば、レベルを上げる時も上げ方も自然にわかってくるんじゃないかな~??と思います。

また、その辺の補足を秘密ブログに書く予定なので、よかったら読んでみてくださいね。



お返事ありがとうございます

なるほど!水戸黄門(笑)
確かにフレーズ言いやすいけどレベル合ってないですね。
分かりやすい例えありがとうございます!

何度も出てくるフレーズなどはレベル合ってなくても覚えちゃいますよね〜納得。

息子の英語力向上とともに、私も息子が理解できる英語レベルを察知する力を向上させないとですね。
これからもインプット内容を意識して続けていこうと思います。
いつも的確なお答えありがとうございます!
リサさんのブログ全部楽しみにしてます♪


お問い合わせ


お気軽にどうぞ!!
カレンダー
イベントやレッスン
こちらをチェック!!

FC2プロフ
最新の記事
最新コメント
ランキング
検索フォーム
多読王国
長女リリの洋書多読記録を語数カウントできる「多読王国」でつけてみることにしました♪ 

今まで読んだ本もぼちぼち追加していこうと思います。

decoboko.jp