カテゴリ
おうち英語におススメ!
イチオシの「おうち英語」絵本や教材たち!!




リンク

【レポ】英語漬け&私の頭の中-前半-

2017年09月04日(月)

カテゴリ:英語漬けプログラム



こんにちは~。
「おうち英語」応援!キャロットシードのリサです

ばや館長のつぶやきなど、SGブログはコチラ



本当は、今回の夏休みは「英語漬け」はしないでおこうと思ったのですが、ビミョーに「開催しますよね!?」っていうプレッシャーをあちこちから受けたので・・・・・(笑)


1日だけ設定しました。


というか、空いてる日がほとんどなくて、1日しか設定するの無理でした^^;


ご参加くださった方々、ありがとうございました!


ではでは、文章を書きだすとグダグダと長くなるので、さっさと写真deレポにいっちゃえ!(←それでも十分長くなる)


いやいや、その前に、参加してくれた方のレポにリンクを貼っておこう(笑)


うちがやる「英語漬け」の事をちゃんと理解してくれててすごく嬉しい。
ミサちゃん、レポ記事ありがとう~!
SG英語漬け☆2017夏



さ、気を取り直して、写真でレポ!



そういや、最近、子どもと遊んでる時に実は英語チェックしてるってだけでたいそう驚かれたので、ついでに私が何を考えながらやってるかザックリですけど書いてみようかな??



最初はベタに自己紹介。


・・・・・といっても、名前と年齢を言うだけとか全くオモロないから。


とりあえず、持参してきもらったものを見せびらかしてもらって~
2017_8_8_SG (2)


説明してもらったり、他の子に質問させたり、そこから他の話ふくらませたり。


そして、ハイテンションにネタをぶっこみみんなでとにかく笑う!
2017_8_8_SG (1)



メンバーによるけど、一気に英語スイッチにもっていくためには、「最初のスタートダッシュが肝心」というのが持論デス(笑)



自己紹介のくだりだけで20分くらい使ったんじゃないかな~?


もちろんここで、子どもたちそれぞれの英語レベルをだいたいチェックします。


ただ自己紹介をしてもらうのではなくて、いろいろ質問したりして返事の仕方とか、他の子へのツッコミ方とかそういうの見てると、よくわかる。


あまり発言をしない子でも、どれくらい理解してるかとかは、まぁ、見てたらわかりますよね。



それを踏まえた上で、子どもたちといろいろ話を楽しみつつ、頭の中では、同時にそのあとの時間の段取りをざっと作る感じかな?


毎回メンバーは違うし、いろんなレベルの子、いろんな個性の子がいるので、その子それぞれに合わせた対応をしなくちゃならないから大変といえば大変なのかもしれないけど、私にとっては、それをぶっつけ本番でするのがおもしろいのであって、飽きなくていい(笑)


決められたプログラムやカリキュラムをこなすだけとか、つまらん~。



最初の自己紹介で雰囲気作ったら、それぞれひたすら好きなことして遊ぶ!


恐竜ブームらしいK君は、持参した本をシェアしたくてたまらなかったらしい。
2017_8_8_SG (3)


本に載っている、恐竜にまつわるいろいろなトリビア(?)を教えてくれました。



Hちゃんは毛深いおっさんの絵本を「読んで~」と持ってきました。
2017_8_8_SG (4)



おっと、この絵本、文章長いな・・・・(笑)


1冊丸ごと読むのは時間的にちょっと無理なので、絵を見ながらおしゃべり。


・・・と、私の頭の中は、ここでも突っ込んだ英語レベルチェックと、今の問題点やつまづいているところなどを探してるかな?


あと、こういうとこでもねー、子どもの反応みてたら、家でママがどんな感じで絵本読んでるかとかだいたいわかりますね。


いろいろ見て、この辺、あとで親にツッコんで聞いてシバこうかな・・とか目星つけてます(笑)



恐竜のフィギュアが大活躍!
2017_8_8_SG (5)


女の子も男の子も一緒になって遊べてました。


オセロ対戦!・・・なんだけど、ルールはガン無視(笑)
2017_8_8_SG (6)


そりゃそうだ。キレイに白が並びすぎだわ。



でも、二人でいろいろ話をしながらテキトーオセロを楽しんでいるようだったので、まぁいっか!



やっぱり長くなりすぎたので半分で分割しよっと!

後編につづく・・・・
関連記事

コメント


お問い合わせ


お気軽にどうぞ!!
カレンダー
イベントやレッスン
こちらをチェック!!

FC2プロフ
最新の記事
最新コメント
ランキング
検索フォーム
多読王国
長女リリの洋書多読記録を語数カウントできる「多読王国」でつけてみることにしました♪ 

今まで読んだ本もぼちぼち追加していこうと思います。

decoboko.jp